200mmの雨で茶園もほっとひとごこち。

2番茶も後半です。

 

今日の朝茶は牧の原個人園主の2番茶少しずつ渋みが出てきました。

香り、水色はまあまあです。

 

DSC05769tris400.jpg

DSC05770tris400.jpg

 

 

 

 

昨日は良く降りました。雨を欲しがっていた農家さんも一安心です。!(^^)!

今日は曇り空。左程蒸し暑くなく比較的過しやすい日中です。

 

因みに今年の降水量昨年と比較すると

    1月   2月   3月  4月  5月  6月  7月

H28 115  157  230  361  267  267   78

H29   48  107    96  278    91  220(昨日まで)

前年比   - 67       - 50       -134       - 83      -176

 

特に3月5月の降水量が少なかったですね。これが新茶生育遅れの原因の一つです。

葵区の山も4月は黄色くて5月の中旬以降に綺麗な緑になってきましたものね。

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)

左が1煎目、右が2煎目です。

どんなお茶も淹れ方次第で色んな香味がお楽しみ頂けます。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05762s300.jpgDSC05763s300.jpg

 

茶葉15g、湯60℃・270cc、浸出1分       2煎目湯70℃・230cc、浸出30秒程度。

 

 

先週土曜日、店を開けて中で見本茶の整理を1日。

 

午後、店に割と若い男性のお客様が2人(別々に)見えました。

従来男性客は少なかったのですが最近少しずつ増えているような気がします。

 

お茶女子が増えて、引っ張られるようにお茶男子も増えているのでしょうか。(^_^;)

動機は何でも結構。お茶を自分で買って自分で淹れて楽しんでくださる方が増えれば有難いですね! \(^o^)/

 

今日の朝茶は足久保2番茶。爽やかな感じが残り夏茶の匂いがまだ少ない。良い感じです。( ^^) _旦~~

 

DSC05755s400.jpg

 

 

 

 

今日は朝から1番茶の見本整理でした。

画像は、単一工場で日毎の変化を見るための資料。足久保、清沢、初倉各種。

手仕上げデモンストレーション用のお茶纏め(本山、深蒸し)なども作りました。

結構時間が掛かりました。 !(^^)!

 

来週末の工場見学者さんにどんなお茶を見て頂こうか思案中。これも候補の一つです。 !(^^)!

 

DSC05716s400.jpg

 

 

 

 

牧之原方面の2番茶、仕入れたお茶のチェックです。

どれも味・水色、良いですね。 !(^^)!

来週から仕上です。

 

DSC05697tris400.jpg

 

 

静岡県茶業会議所が来静観光客、取分け外国からのインバウンド需要に対応するため

「静岡茶屋」の開設を県内業者に呼びかけています。当店も及ばずながら参加です。

 

早速、幟旗を掲げ3種の茶500円売りのお茶をご用意いたしました。

店内では、お客様とお話をしながらプレミアムなお茶を試飲して頂く予定です。 ( ^^) _旦~~

 

来週末は、工場見学のお客様もいらっしゃる予定。

どんな話で盛り上がりますか!? !(^^)!  今から楽しみです。

 

DSC05696tris400.jpg

DSC05694tris400.jpg

 

 

 

 

今日も爽やかな朝を迎えました。 \(^o^)/

朝は涼しく、日中それ程暑くなく高原で避暑しながら仕事しているみたいです。

その内、蒸し暑く鬱陶しい雨の日が続くのでしょうから ” 今日 ” を楽しみましょう。

 

今日の朝茶は牧の原2番茶、やぶきたの被覆とさえみどりの合。まだ荒茶です。

こちらも爽やかな香味です! ( ^^) _旦~~

 

DSC05674tris300.jpgDSC05675tris300.jpg

 

 

 

 

梅雨なのにうそみたいに爽やかな風が心地いいですね。

軽井沢にでも居るみたいです。!(^^)!

ジトジトしない内に工場の整理を進めます。

 

今日の朝茶は初倉2番茶その②。

まだ渋みが少なくて1番茶みたいです。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05613s400.jpg

 

 

 

 

本山地区も2番茶が始動しました。

まだ1番茶手摘みのあとで不揃いの茶の芽が見て取れます。

梅雨入り宣言から雨が無く、この先も1週間ほどは晴れマーク。

少し潤いが欲しくなってきました。

 

今週末から本格化しそうです。

 

今日の朝茶は足久保の2番茶。渋味も少なくまあまあの感じです。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05597cs400.jpg

 

 

 

 

静岡でも2番茶が始まりました。

1番茶の摘採後45日~50日後に始まります。年々早くなる傾向に有ります。

 

今日の朝茶は、初倉個人農家で揉んだ2番茶。まだミルいですね。

夏茶臭(コワ葉臭)が殆どありません。水色も綺麗です。 ( ^^) _旦~~

 

夏は日差しが強く気温も上がるため2番茶は1番茶の柔らかな甘みと優しい香りが薄れます。

日と共に段々と渋味が増してきます。その分価格も安くなります。

これから暫く選別買いの仕入れの日々です。 !(^^)!

 

DSC05594tris400.jpg

DSC05591tris400.jpg

 

 

 

 

毎年お願いしている川根杉谷さんの無農薬栽培茶園の紅茶。今日荷物を持って来られました。

茶園が小規模なので品種が混ざります。

「駿河早生とZ1」「やぶきたと在来」「ふじみどりとべにひかり」。

他の紅茶と比較試飲です。 !(^^)!

 

今年は昨年ほど芽を大きくしなかったので形も丸まって良い感じです。

香りは昨年の上物より少し弱め、全体的には悪いものが無くて安心しました。

 

8月まで置いて2番茶が出来たところで仕上げに入ります。

今年も甘くて美味しい紅茶が出来そうです。 \(^o^)/

 

DSC05585tris300j.jpgDSC05587trih300.jpg

 

 

 

 

 

煎茶が終了すると玉露の出荷です。

玉露と言えば日本3大産地と云う事になっていて、宇治(京都)、八女(福岡)、朝比奈(静岡藤枝岡部)が有名です。

当店のは静岡県産、朝比奈。藁科のもが入ることもあります。

 

この時期未だ若くて角が取れていませんが、玉露の覆い香が鼻をくすぐります。( ^^) _旦~~

 

DSC05582tris400.jpg

 

 

 

 

最近はあちらこちらで紅茶づくりが盛んです。

画像はご縁があって御紹介した村松さんに製造して頂いた宮城県桃生茶の紅茶。

品種は「ふじみどり他」。(画像右) 中央と左は村松さんのもの。中央「ただにしき」、左「静7132」。

 

復興の町が盛り上がると良いですね。 \(^o^)/

 

DSC05575s400.jpg

 

左「静7132」、右「ただにしき」。

DSC05545s400.jpg

 

 

 

1番茶と2番茶の合間、久し振りにラジオ体操に参加しました。

繁忙期、それなりに体を動かしてきた積りでしたが使う筋肉が違うのか体が硬いですね。

矢張り全身運動をして関節回りを柔らかくしなくてはいけません。!(^^)!

 

今日の朝茶は「梅ケ島」(1080円/100g)。力強い香りが良いですね。 ( ^^) _旦~~

秋になればさらに深みを増します。!(^^)!

 

DSC05579tris400.jpg

 

 

 

 

オクシズ井川のお茶蔵に本年の熟成本山茶用のお茶を上げに行ってきました。

力のある山のお茶は熟成させると秋になって深みを増した香味になります。

これから半年間蔵の中で静かに保管されます。

 

お茶蔵は40cm程の厚さの土壁で囲まれ外気温が上がっても一定温度を保つように出来ています。8月外気が30℃以上になっても20℃位までしか上がりません。

屋根を見ると瓦屋根と塀の間に隙間が有ります。風が通り抜けられます。瓦が熱くなっても熱が直接蔵の中に移らないように工夫されています。

 

秋が楽しみです。

 

帰り道は口阪本、柿島の方を下ってきました。

途中、駿府の北の守りお茶蔵の管理を任された朝倉家の屋敷跡で一服。

いつ来ても、ホッとする空気感を持った場所です。!(^^)!

 

DSC05505s400.jpg

茶詰めの儀でお茶を詰めた茶壺を農協職員が持ってきたので、ちょっと出して

熟成茶用のお茶を持ってきた同業者さんと記念写真。

DSC05524s400.jpg

屋根と蔵の間の隙間が熱を逃がします。

DSC05519s400.jpg

朝倉屋敷跡。

DSC05534s400.jpg

6月になりました。

神棚のお供えを替えて、今月の無事を祈願します。

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)。香り高く入りました。 ( ^^) _旦~~

 

皆様にも今月、祥多かれ!! \(^o^)/

 

DSC05491s400.jpg

DSC05492tris400.jpg

 

 

 

 

5月も怒涛のように過ぎました。

仕入れも一段落、出荷も玉露待ちのお客様など限られてきました。

工場内を整理しながら、次の段取りを進めます。

 

今日の朝茶は「水琴(すいきん)」(1296円/100g)

水滴が落ちて甕の中に澄んだ音が響くような、そんな香味を目指しています。

透明感のある味わいに仕上がりました。 ( ^^) _旦~~

 

月末の1日、お忙しくも心にゆとりの日をお過ごしください。

 

DSC05488tris400.jpg

DSC05490tris400.jpg

 

 

 

 

今日から2日ほど「有機茶」の製造です。

有機茶の仕上げの前にはいつもよりごく丁寧な清掃が必要です。

慣行茶と混ざらないようにするためです。

実際の作業に加え、書面への記帳やら中々面倒な一面もあります。

 

味は通常のお茶に比べさっぱりとした味わい。

化学肥料たっぷりの胃にドスンと来るお茶の対極にある香味のお茶です。

 

今日の朝茶は有機の川根茶を荒茶で頂きました。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05483tris400.jpg

 

 

 

 

当店では県内の幾つかの茶産地のお茶を産地茶として扱っています。

それぞれに個性が有って楽しいものです。

 

今日の朝茶は「川根茶」。本山茶と同じく、いや全国的にはそれ以上に銘茶の産地として有名な茶産地です。

奥藁科清沢の峠を越えれば川根本町ですからお茶にも似た風情が有りますが、微妙に違う香味もあります。

 

しっかり湯冷ましをして、じっくり淹れた川根茶はまた格別の味わいです。 ( ^^) _旦~~

 

今日は熟成本山茶の「茶詰めの儀」を静岡駅地下「喫茶一茶」まえで11時と午後の2回行います。

昨年の熟成茶も振舞います。是非お立ち寄りください。 \(^o^)/

 

DSC05468s400.jpg

DSC05469tris400.jpg

 

 

 

 

ご予約いただいているお茶の発送もあと数種になりました。

定番のお茶の再チェックです。

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)

上品に仕上がってます。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05461s400.jpg

s400.jpg

 

 

 

 

新茶シーズンも1カ月余り、疲れもたまってヘロヘロ。気合を入れ直して仕事です。

 

山のお茶も最終版、茶市場もめっきり静かになってきました。

仕入れの合間に今年のお茶の評価など茶談義が見られます。

 

今日の朝茶は小売400円売り用のお茶。

形状は去年より少し大型ですが、山茶らしい香りが出ています。 ( ^^) _旦~~

 

月末に向けてかぶせ等の製造、追加出荷作業の傍ら、大分散らかった工場内の整理を進めます。

まだまだ終わりません。!(^^)!

 

DSC05455s400.jpg

 

 

 

 

1週間遅れの今年の新茶シーズン。

普段遣い用のお茶をお待ちかねのお客様もしびれを切らしています。

100g500~600円のお茶に使う山のお茶がようやく市場に出てきました。

 

やっぱりこのお茶が入らないと普段遣いのお茶とは言え当店のお茶にはなりません。

お待ちどう様でした。今日、明日の出荷になります。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05447s400.jpg

 

 

 

 

昨日の雨で今日は仕入れ無し。

会社も4/16の休みから久々の休み。

朝6時前、お店を開けるまで間が有るのでちょっとドライブ。

今日は晴れの予報だったのに東西南北雲が掛かっていたので藁科川を遡って茶園を見てきました。

 

 

「大原」辺りの対岸、「富厚里」の山にも霧が掛かっています。 清沢「八幡」から大川方面へ入った道すがら山のすそ野にも霧。

aDSC05426s300.jpg

aDSC05429s300.jpg

aDSC05435s400.jpg

 

「寺島」の茶園も綺麗な芽が出ています。

美味しそう! !(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

aDSC05436s400.jpg

しい(?)の花が白く(クリーム色)の染まると茶の摘みごろ。

今年は白というより、里の方で特に黄黒い感じでしたがようやく明るい薄黄色になってきました。

 

お茶の香りがさらに乗って来るでしょうか!

 

 

 

 

 

 

aDSC05438s400.jpg

 

「小島」地区を囲む山にも霧が。

 

露が切れるのを待って摘採です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕入れ・製造・出荷に多忙のため「朝茶」のアップを出来ずにいたら

「生きているか?」とご心配の声。 (^_^;)

 

ハイ、元気にやっております!

「朝茶」のアップが「夕茶」になってしまいました。

 

本山茶も中藁科、美和、賎機あたりから奥藁科、安倍奥が加わりバラエティに富んで来ました。

山茶の香りも段々と乗ってきました。

針のように揉み切るお茶は見ていて気持ちが良いですね。

水色は「金色透明」。

山茶の嫌みの無い渋み、甘みうま味、鼻をそよ風のように抜ける香り。 ( ^^) _旦~~

楽しいですね! (^_^;)

 

DSC05422s400.jpg

DSC05421s400.jpg

 

DSC05424s400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店の売れ筋商品の一つ「瑞祥」(1080円/100g)。

これは深蒸し煎茶だけではできません。

どうしても山のお茶が必要です。

美和地区、藁科地区に始まって、奥藁科の清沢大川地区でもハサミ刈りのお茶が出荷され始めました。

これが入るとお茶の香りが一段と良くなります。

荒茶で拝見してもつい頬がほころびます。

人が見れば ” にやにや ” しているように見えるかも知れません。

いよいよ明日の出荷です。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05415s400.jpg

DSC05413tris400.jpg

 

湯の表面に浮かんだ毛茸(もうじ)はミル芽の証し。

「白豪」、「ペコー」とも言われます。

始まりました。奥藁科大川です。

山のお茶の香りが馥郁として何とも云われぬ良い香りです。!(^^)!

今日の朝茶もこれ。

荒茶の青々しさが有るものの、これを火入れすればぷーんと香り立つこと間違いなしです。 ( ^^) _旦~~

いよいよ山のお茶が本格的に始まります。

 

DSC05409s400.jpg

DSC05411s400.jpg

 

 

 

 

昨日行けなかった清沢の茶園を見てきました。

清沢黒俣の生産家さんの久能尾の茶園では忙しく手摘みをしていました。

丁度一服の時間。薄曇りで暑くなく、気持ちの良い茶摘み日和です。!(^^)!

芽も綺麗に色づいて美味しそう。 \(^o^)/

DSC05348s300.jpg

DSC05355s300.jpg

DSC05353s400.jpg

 

八伏の山も順調に芽が出ていました。↓

こちらも楽しみです。

DSC05373s400.jpg

 

八伏山を少し下ったところのもう一人の方の自園茶園。真ん中のへこんだところは

全国各地にある ” だいだらぼっち ” の巨人伝説で、だいだらぼっちの足跡とされるところ。

ここも良いお茶を作ってくれます。

DSC05385s400.jpg

 

ここまで来るのに国道362号線蛇塚から入って約2.7キロ。

この林道は市からの現物支給で地元の人たちが25年掛けてやっと開いた道路です。

大変だったでしょうね。お陰様で乗用車でもお伺いすることが出来ます。 !(^^)!

DSC05390s300.jpgDSC05395s300.jpg

 

八伏の園主と記念写真。

DSC05402s400.jpg

 

ここは工場を見下ろす斜面。霞が掛からなければ遠く伊豆半島が望める標高600mの茶園です。

本当に美味しいお茶が出来るのです。 ( ^^) _旦~~

DSC05403s400.jpg

 

 

 

 

みなさん、こんにちは!!スタッフです!!

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。

 

今日は新茶のほうじ茶の仕込み途中のお茶を試飲させてもらいました。

私はほうじ茶をそのまま食べるのが好きで、いつも飲むのではなく、

つい食べてしまいます(笑)

なので、今日も拝見台にあったほうじ茶をパクリ!!

※ 「拝見台」というのは仕上がりを確認するための大きな作業台のことです。

2017新茶ほうじ茶.jpg

そして、とっても美味しかったので試飲もさせてもらいました。

何が違うのかはよく分からないのですが、新茶だからなのかとっても

美味しく感じました:*:・感(*ノ∀`*)動・:*:

 

もちろん煎茶、棒茶等、売れ筋の新茶も続々と仕上ってきています。
 
GWの締めくくりに、またGW後も、是非、新茶を飲んでリフレッシュ、ほっこりしてくださいねheart
 
では、また!!
 
 
How are you doing ? Did you do anything exciting during Golden Week ?
fresh green tea is made into roasted tea today. It tastes soooo good !
The roasting aroma of the tea is  perfect ;)
Please try it, and hope you like it :D
 

美和地区の手摘みのお茶を拝見。

どれも綺麗ですね。

手摘みのミル芽茶葉ならではの濃厚なうま味、優しい香り。

これはゆっくりお茶会でも開いて美味しいお菓子と一緒に頂きたいですね。

 

30g袋入れ、一煎パックでもご用意出来ます。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05329s400.jpg

DSC05327tris400.jpg

 

 

 

 

味は日増しに良くなってきたけれどもう少し香りが欲しい山のお茶。

どんな具合か藁科川を上がってみました。

奥藁科、清沢の寺島。綺麗に芽が出そろていました。!(^^)!

穂先の黄色も緑に染まって良い具合です。

美味しいお茶が出来そうです。 \(^o^)/

山のお茶、間もなくです!! ( ^^) _旦~~

 

DSC05331s400.jpg

 

 

 

 

無事出荷の終わった「八十八夜のお茶」。

「まだ飲んでない!」と云うスタッフのリクエストに応えて、今日の朝茶は「八十八夜のお茶」。

濃厚なうま味甘みと新茶らしい爽やかな香り。

みんな「美味しい!」「旨い!」。 ( ^^) _旦~~

今年も本山と牧の原深蒸し茶のブレンド、良い出来になりました。 \(^o^)/

 

DSC05325tris400.jpg

 

 

 

 

八十八夜新茶の発送と前後して産地別のお茶の段取りを進めます。

取り敢えず早場所の「牧の原」と「初倉」。

「初倉」も「牧の原」の一部ではありますが産地別茶商品化の流れでこのような名前になっています。

今日の朝茶は初倉の候補のお茶。味の確認です。

上品な甘い香味が良いですね。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05324tris400.jpg

 

 

 

 

きのう摘み取った茶葉は、茶農家で夜製造されて本日早朝茶市場で商いされます。

当店ではこの日まで待って今日仕入れたお茶を中心に八十八夜新茶の合組を決めます。

 

今日の朝茶はその内の深蒸し茶(まだ荒茶)。まろやかなうま味が素敵です。 ( ^^) _旦~~

本日仕上・ブレンド・袋詰めして明日の出荷になります。(ご来店のお客様は本日午後から)

ご注文頂いたお客様お待たせいたしました。

今年も美味しい八十八夜新茶をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

DSC05302tris400.jpg

 

 

 

 

おはようございますhappy01sun

スタッフです!!



今日は朝から快晴で清々しい良い天気ですね♪

ゴールデンウィーク初日。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか??

 

さて、先日、私は日本に来日したポールマッカートニーのライブに行って参りましたcatfacekaraoke

Paulの生声を聴くのは人生初めて!!

初の東京ドームコンサートはとっても楽しかったです。

 

そして、今日の朝。

我が店主にこんな質問を。

『ロックなお茶って言ったら今取れる新茶だと何?』

そして、出された答えがこの『美和で摘まれたやぶきたの新茶』だったのです。

2017poul_600.jpg

 

なぜこのお茶?と聞くと答えは一目瞭然。

“非常に尖っているから”なのだとか。

2017poul_450.jpg

ん~、なるほどなぁ~。

 

ロックも新茶も尖っていた方が良いんですね!!

ということで、今日もロックでいきましょう。

では、また。

スタッフでしたヾ(。・ω・。)ノマタネー♪

忙しくてもついアップしたくなる本山新茶。

小口ながら美和、賎機、藁科と本山各茶産地で生産が始まりました。

手摘み茶有り、機械刈り茶有り、多種多様です。

 

山茶の香りは良いですね。

今日の朝茶は「足久保共同手摘み」(荒茶)上品な香りが嬉しいです。 ( ^^) _旦~~

備長炭で火入れをすればさらにグレードアップ間違いなしです。

 

アルバイトさんも毎日変わる新茶に嬉しそう! \(^o^)/

 

DSC05280s400.jpg

 

 

 

 

1週間から10日遅い今年の新茶。それでも本山茶が出荷され始めました。

今日の朝茶は足久保共同製茶さんが、足久保より少し離れた内牧の茶園で作ったハサミ刈りの茶。

まだ芽はミルいですね。

5月からいよいよ本格的に本山茶も一斉で、生産量も増えて来そうです。 ( ^^) _旦~~

と思って、足久保と清沢に行ってみました。いや、茶園はまだまだでした。(^_^;)

今年はほんとにのんびりです。

 

DSC05277s400.jpg

DSC05279tris400.jpg

 

 

 

 

新茶期も忙しくなるとアルバイトスタッフさんに来てもらって仕事を進めます。

朝茶の湯呑みも増えて賑やか。 !(^^)!

今日の朝茶は、牧之原。大臣賞も取る優秀な方のお茶。上品でおいしいです。 ( ^^) _旦~~

 

本山も出てきました。内牧の自然仕立て茶園の手摘みです。こちらも良い出来です。\(^o^)/

八十八夜に向けて第一の山、ひと踏ん張りです。

 

DSC05251s400.jpg

DSC05253s400.jpg

 

 

 

 

新茶の仕入れをする際に審査茶碗を使ってお茶見本を拝見します。

香り・味わいが優れているか、値段と比べて妥当なものか、そして欠点は無いか。

審査茶碗に3,4g入れて熱湯を注ぎ入れた後、アミ匙で茶葉をすくい匂いを嗅ぎスプーンで湯をすくって飲んで香味を確かめます。

熱湯で出してお茶の良いところも悪いところも全てだして確認します。

 

DSC05261s300.jpgDSC05263s300.jpg

 

DSC05272s300.jpg

 

茶農家にとっては久し振りの茶製造で、最初のお茶は感覚をつかむのに緊張しながらの製造になります。

機械も掃除をして油を差して、摘採も丁寧にしていざ製造に臨んでも時に失敗もあります。

 

製茶機械や茶刈り機に注した油が茶に付いたり蒸しの蒸気が茶葉に平均に行き渡らなかったり...。

この「油臭」、昔は最初のお茶に埃と共についていることが時々ありました。

即座に返品対象になる訳ですが「出荷する前に自分の作った茶を確認しろ」などと小言を云う事も少なくなりました。

機械を丁寧に掃除してもなかなか埃は取り切れませんので、今は最初のロットを小さくして製造したものは廃棄するようになりました。

 

蒸しのムラを起こすと、茶葉の一部が紅茶のように茶色くなります。これはちょっと飲めません。

その形から「えび」などと云います。これも使い物にはなりません。

 

油臭に似たものに「乾燥不足」があります。

茶製造の最後の工程の乾燥が不十分ですと、油臭に似た匂いを感じることが有ります。

油臭と違うのは茶問屋の仕上げ火入れでこの匂いは無くなることです。

しかし、荒茶のまま秋まで冷蔵庫で保管すれば劣化の原因になります。お茶は何より水分を嫌います。

すぐに仕上げをするものなら良いとはいえ、やはり茶農家の姿勢が気になります。

 

そんな事を1つの審査茶碗のお茶から読み取ってゆきながら、今年も新茶仕入をしてゆきます。 !(^^)!

 

 

 

 

このお茶はどこのお茶でしょう。

島田の初倉のお茶です。

「え、こんなに形状があるの!」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

所謂深蒸し茶産地のお茶でも小さな機械で丁寧に作ればある程度の形状は残せるのです。

細かく千切れたお茶が深蒸し茶と云う事ではありません。

 

今日の朝茶は初倉茶。今年は柔らかなミル芽香がまだ残っています。( ^^) _旦~~

楽しくなってきました。 !(^^)!

 

DSC05249s400.jpg

DSC05250tris400.jpg

 

 

 

 

遅ればせながら、「朝茶」のアップです。

今日も本日仕入れの初倉産のお茶。

芽は少しずつ大きくなり嫋やかな香りは減少するものの、力強い香りとコクが出てきました。 ( ^^) _旦~~

この香りが出てくれば今年の新茶も大丈夫でしょう。!(^^)!

明日・明後日からいよいよ年間物も視野に入れながらの仕入れになりそうです。

 

DSC05248s400.jpg

DSC05246s400.jpg

 

 

 

 

お茶の葉を摘んで農家が製茶したものを「荒茶」といいます。

茶商はこれを仕入れて仕上げと火入を施しさらに美味しいお茶にしてゆきます。

 

今日の朝茶は今日の仕入れの「荒茶」。

島田市初倉地区のお茶です。

「大分味が乗ってきたなあ」「良い香りだなあ」などと毎日違う感想が社員の口から漏れます。

 

早場所初期のミル芽の香りが何とも言えません。 ( ^^) _旦~~

これから炭火で火入れをしてゆきます。 \(^o^)/

 

DSC05241s400.jpg

 

 

 

 

 

手摘みの本山茶をお願いしている内牧の生産家さんを訪ねました。

急斜面の茶園で忙しくお茶摘みの真っ最中です。

ご予約のお客様もうすぐです!! !(^^)!

 

今年は静岡駅地下「喫茶一茶」で「手摘み一煎パック3種セット」500円を発売予定です。

 

DSC05214s400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05183s400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05200s400.jpg

 

摘むには勿体ないくらい小さな茶の芽を丁寧に摘んでゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05189s400.jpg

DSC05211s400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向いの山も急斜面。

茶園右の山桜が摘みごろを告げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7848s400.jpgちょっと記念撮影。

お客様の「足久保のお茶はいつ頃になりますか?」と云うお声に押され足久保に行ってきました。

足久保栗島にある「足久保共同製茶」の茶園です。日除けをした手摘み用の茶園です。

綺麗な芽が出ていました。見るからに美味しそうです。\(^o^)/

 

DSC05156s400.jpg

DSC05151s400.jpg

 

足久保小学校前の茶園です。少し出ていますが、まだまだですね。

DSC05159s300.jpg

DSC05162s300.jpg

 

足久保ティーワークス茶農協前の茶園です。

ここはいつも遅い場所ですが、それにしてもまだだいぶ先になりそうです。

DSC05164s400.jpg

 

足久保の入り口、美和中学前の茶園です。

綺麗な芽が出揃っています。

DSC05168s300.jpgDSC05169s300.jpg

 

足久保も全体的に1週間遅れ。月末からになりそうです。

お楽しみにお待ちください。 !(^^)!

 

 

 

 

今日は静岡茶市場「新茶初取引」の日でした。多くの買い手・売り手で賑わっています。

社長、来賓(県知事、市長等)の挨拶のあと手締めで取引開始です。

これから、いよいよ今年の新茶も本格化します。

 

ご期待ください!! \(^o^)/

 

IMG_20170424_061503s400.jpg

IMG_20170424_070857s400.jpg

IMG_20170424_073632s400.jpg

 

 

 

 

昼間暖かくても夜の温度が低いとお茶の芽伸びはゆっくりです。

ここ数日の茶の芽伸びは牛の歩みのようです。

牧之原からは早生品種が届けられています。「やぶきた」品種はもう間近です。

 

今日の朝茶は「緑峰」(2160円/100g)。( ^^) _旦~~

本山茶と深蒸し茶のブレンドです。このお茶が新茶になるのは4月末最終になりそうです。

当店の新茶はまずは深蒸し茶からになります。

 

DSC05146s400.jpg

DSC05148tris400.jpg

 

 

 

 

お茶のシーズン入りして出回り数量は少なくても

段取りやら問合せやらで忙殺され「朝茶」アップもままならず。

こう云う時こそ、忙中閑。

情熱の一方で冷静さを保たなければなりませんね。

今年も良いお茶を厳選してお届けします。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05125s400.jpg

 

 

 

 

今朝、初倉の新茶が市中に少し出回ったので、再度牧の原に行ってきました。

川に面した茶園も少しだけ色づいてきました。

旧初の茶農家さんが早生品種のヤマカイを小さな芽でも刈り進めていました。

この場所で反収300kgは確かに少ないですね。

これからやぶきたも順次出てきます。

 

                        続けて静岡に戻り内牧に行ってきました。↓↓

 

aDSC05062s400.jpg

aDSC05053s400.jpg

aDSC05059s300.jpgaDSC05055s300.jpg

 

[ 内牧 ] 森内さんにお邪魔しました。

さえみどりの綺麗な芽を摘んでいました。今日は摘み手さんも大勢です。今日は「サラメシ」の取材が来てました。(5/1放送)

aDSC05078s300.jpgaDSC05093s400.jpg

 

                           奥様は今日は控えめです。!(^^)!

aDSC05108s300.jpgaDSC05102s300.jpg

 

園主も絶好調です!! \(^o^)/

手摘みやぶきた、もうじきです! !(^^)!

aDSC05124tris400.jpg

 

 

 

 

 

新茶が間近に迫ってきました。

お手紙を差し上げたお客様から、新茶予約のご返事がぞくぞくと届き始めました。

有難うございます。 m(__)m

 

今日の朝茶は、定番「瑞祥」(1080円/100g)。これが新茶に切り替わるのはゴールデンウィーク後半。

当店は本山茶と牧の原深蒸し茶のブレンドになるので他のお店より遅めです。

その前に幾つか走り新茶もご用意しております。

お気軽に試飲にお立ち寄りください。!(^^)! ( ^^) _旦~~

 

昨日、親しくしている茶農家さんに頂いた品種茶の枝木を生け花風に盛りました。

摩利支、さえみどり、牧之原早生、しゅんめい、山の息吹。

店頭にてご覧いただけます。

 

DSC05038tris400.jpg

DSC05039s300.jpgDSC05041s300.jpg

 

 

 

 

夕方、静岡市安倍川支流内牧川沿いの茶園に行ってきました。

早生品種がぼちぼち芽を出しています。ほとんど出て無い茶園もあります。

(今年の天候に際して)条件の良かった茶園は昨年より3日ほどの遅れ、それ以外は1週間以上でしょうか。

 

 

新東名高架下の「山の息吹」               それより少し北の茶園。←より日照時間は短めの茶園。

DSC05018s300.jpgDSC05021s300.jpg

 

世話になっている園主さんに品種の苗木を頂きました。
店頭に飾らせて頂きます。 m(__)m

DSC05023s600.jpg

 

手揉み師範の森内ご夫妻を訪ねました。

静かなので未だ茶園から帰ってないのかと思ったらごそごそ物音が。

隙間から覗いたら手揉みをしている最中でした。

ピンと張りつめた空気感に押されてしばらくじっとしていたら、御主人が気が付いて

「ああ、入っておいでよ、どうぞどうぞ」。遠慮なしに「お邪魔します」!(^^)!

手揉み茶全国品評会出品用のお茶でした。

「今日のは奥さんの方が良いな!」「ほんと!? !(^^)! 」

仲の良いご夫妻です。

 

剣先がスーッと伸びて綺麗に揉めていました。さすが!

DSC05025s300.jpgDSC05027tris300.jpg

DSC05036tris400.jpg

 

 奥様が揉んだ方です。

 良いですね、この剣先。

 私がやると、折れるか釣り針のように

 なってしまいます。(^_^;)

 

ここ3日ほど暖かい日が続いて茶の芽も少しずつ大きくなってきました。

1週間遅れの今年の新茶期もちょっとは早くなったでしょうか。

今晩からの雨を嫌って、今日あたり茶園の幾つかでは少し小さな芽を急いで摘んでいる農家もあるようです。

 

今日の朝茶は、牧の原産「H28大走り新茶」(1836円/100g)。

まろやかな味わいが1年前を思い起こさせます。 ( ^^) _旦~~

今年はどんな大走り新茶が出来るでしょうか!

後10日程で新茶が出ます。

 

DSC05014tris400.jpg

DSC05016tris400.jpg

 

 

 

 

牧之原周辺をざっくり回ってきました。

どこもまだまだ。初倉では「トンネルものを20日ごろに始められれば」と言っていましたがどうでしょう?

1週間以上は遅い感じです。

例年視察に行った時には大抵見られない、中條景昭像の横の桜も綺麗に咲いていました。

 

来週もう一度行く予定です。

本山にも時期を見計らって行ってきます。

 

初倉/谷口付近

DSC04979yaguchis300.jpgDSC04981s00.jpg

 

権現原

DSC04984s300.jpgDSC04986tris300.jpg

 

初倉/阪本付近

DSC04988sakamotos300.jpgDSC04989s300.jpg

 

牧之原大茶園開拓の祖 中條景昭像           そこから大井川を見下ろす北向き茶園

DSC04991s300.jpgDSC04993s300.jpg

 

湯日地区                       牧之原旧国立茶試、県立茶試の中間、六本松付近

DSC05003yubis300.jpgDSC05006kuukous300.jpg

 

空港から勝間田へ下る坂道沿い             八十八夜には間に合って欲しい!

DSC05009katumatas300.jpgDSC05012s300.jpg

 

 

 

 

 

月刊誌「致知」のメルマガ、今日の言葉。

「どんな不幸を吸っても、吐く息は感謝でありますように」

自分の心が空気清浄機に成れってことですかね! 修行です。!(^^)!

 

今日の朝茶は「初倉」(1080円/100g)。

静岡県下でも最も早い方の深蒸し茶産地です。

まろやかな味わいが心を和ませ、疲れた心を洗い流してくれます。 ( ^^) _旦~~

空気清浄機のメンテナンスみたいなものです。

 

来週には初倉新茶が出てきます。

 

今日も明るい1日をお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC04975s400.jpg

DSC04976tris400.jpg

DSC04977tris400.jpg

 

 

3煎目。

 

 

 

 

 

 

 

 

※初倉の新茶出始めが20日ごろということですが、

当店初倉1080円は4月末位の予定です。

天候により変更がございます。

今年も宜しくお願いします  m(_ _)m

昨日、JA静岡市の共販大会があって新茶進捗状況の説明がありました。

何処もおよそ1週間遅れの報告でした。

奥藁科栃沢と中藁科新間の茶園を見てきました。

まだまだ先の様子です。

 

DSC04971cs400.jpg

DSC04972cs400.jpg

 

県経済連の報告では昨年比10日遅れ、平年比1日遅れ(4月5日調べ)でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC04964s400.jpg

 

栃沢に行ってきました。

静岡茶の祖「聖一国師」の生家、米澤さんのしだれ桜も綺麗に咲いていました。

地元の人に言わせると先週より少し色が薄くなったとのことでした。

 

 

 

 

 

DSC04955s400.jpg

 

 

栃沢の茶畑は随所に石で造られた水路が走っています。

先人が一生懸命作られたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC04957s400.jpg

 

茶の芽は想像通りほとんど出ていませんでした。

ゴールデンウィーク明けに始まるのか知らん!?

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC04966s400.jpg

 

藁科の新間にも寄ってきました。

川沿いの桜が綺麗です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC04968s400.jpg

 

ネクトさんの工場裏の茶園の芽も小さい小さいのがちょこっと顔を出していました

昨晩は寒気が南下して北関東北部より北では冷えたところもあったようです。

南関東以南は難を免れて遅霜被害は無かったようですね。

これからしばらくは最低気温の動向にヒヤヒヤする日が続きそうです。

 

今日の朝茶は本山茶の1番茶終盤のお茶(梅ケ島、奥藁科ブレンド)。

600円クラスのお茶のブレンドに使います。

単品でも山茶の香り、味わいが良好です。 ( ^^) _旦~~

 

心も口中も爽やかにして1日を始めましょう。 !(^^)!

 

DSC04951tris400.jpg

 

定番商品ではありませんが、ご連絡頂ければご用意致します。

m(・・)m 宜しくお願い致します。

054-252-1955 0120-02-1955 FAX054-252-0988

 

 

 

久し振りにお日様が顔を見せています。

陽の光を体に浴びるのは良いですね。体が浄化されるような気持ちになります。

心も温かくなりますね!

 

今日の朝茶は「清風」(864円/100g)。

穏やかなうま味が硬くなりがちな気持ちをほぐしてくれます。 ( ^^) _旦~~

 

穏やかな気持ちで1日過ごせますように。 !(^^)!

 

DSC04948s400.jpg

DSC04950tris400.jpg

 

 

 

 

先日スペイン国王王妃殿下が来静の折、お茶をお出ししたら逆にリクエストで抹茶入玄米茶を所望されたとか。

どちらかで飲まれたご経験があったんでしょうね。

ヨーロッパの方にも炒り米の香ばしい香りは好まれるのかな?

 

そこで、今日の朝茶は「抹茶入玄米茶八重錦」(324円/100g)

朝茶530回の中で初めての玄米茶です。!(^^)!

炒り米の香ばしい香り、まったりと云うには薄目の抹茶がやさしい味わいを醸し出してくれます。 ( ^^) _旦~~

 

外は雨でも、心は日本晴れ。今日も元気で楽しくいきましょう!!

 

DSC04944tris400.jpg

DSC04947tris400.jpg

南の方から新茶の便りが寄せられてきます。

今年は全国的に約1週間遅れの出回り予想。桜も筍も遅い春です。

週末には天皇皇后両陛下とスペイン国王王妃陛下が御来静下さいました。

徳川ゆかりの浮月楼でゆっくりとした時間を楽しまれたご様子。

その際に王妃が水出し煎茶とハリオのフィルターインボトルに興味を示されてとか。

スペインにも日本茶が広まるのでしょうか! !(^^)!

 

さあ今日も一杯のお茶をゆっくり味わって、背骨をシャンと立てて充実した1日を始めましょう。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04943tris400.jpg

 

 

 

 

津店の取扱い茶は静岡県産ですが、卸向けのお得意様から「どうしても新茶を間に合わせてほしい」との

ご依頼を頂いて急遽種子島の「松寿」と云う品種茶を1Kgだけ仕入れ。

先ずは本年「初新茶」と云う事でご先祖様に御報告。そのあと家族で相伴にあずかりました。

濃厚なうま味が乗った味わい深い新茶でした。 ( ^^) _旦~~

 

静岡県産ももう少しで新茶です。 \(^o^)/

 

DSC04936tris400.jpg

DSC04937tris400.jpg

 

 

 

 

天皇皇后両陛下がスペイン国王夫妻をお招きして静岡に行幸される。

スペイン国王ご夫妻の来日は、日本スペイン友好35周年を記念してのご訪問。

今回静岡に来られるのは、400年前スペイン国王から徳川家康公に贈られた時計を見学するのも目的の一つ。

徳川ゆかりの浮月楼で寛がれる。

 

周辺は一昨日から警備の予行練習やらでピリッとした雰囲気だったようです。

今日1日無事にお過ごし頂ければ幸いです。

 

因みに1930年、昭和天皇が行幸された静岡駅前から市役所にかけての通りは御幸通りと名付けられています。

浮月楼の前の通りは何と云われるようになるのでしょう? !(^^)!

 

また、この年聖一国師に「神光」の諡号がおくられました。

2年後、1932年国師没後650年を記念して「聖一神光国師」の碑が生家の栃沢に立てられています。

 

今日の朝茶は「梅ケ島」(1080円/100g)。

新茶期より花のような香りが少し増して、味わいも角が取れて落ち着いた風情を醸し出しています。 ( ^^) _旦~~

今日も1日、お元気でお過ごしください。

 

左が1煎目、右が2煎目。見た目ではあまり分からない? (^_^;)

DSC04935trics400.jpg

 

 

 

 

今日は朝から「駿府本山お茶まつり委員会」の事務局が会計監査依頼に見えました。

これで前年事業の締めになります。

総会を経て、新しい事業がまた始まります。

「本山茶」がもっともっと認知されてゆくように頑張りたいと思います。!(^^)!

 

今日の朝茶は、初倉の2番茶。夏のお茶の香りが特徴です。

丁寧に淹れればうま味も感じられ渋味も少なく美味しく頂けます。 ( ^^) _旦~~

因みに、お盆の外の審査茶碗は2煎目。

 

DSC04925tris400.jpg

DSC04926s400.jpg

 

 

 

 

農協の方が挨拶に見えて、茶園の様子を教えてくれます。

静岡県では早場所になる島田市の初倉地区では、早生品種が1週間くらい遅いものの

”やぶきた”はそれほど遅くは無く昨年に近いとの事です。

一度茶園回りをしたいと思います。

 

今日の朝茶は「足久保」。

低い温度でゆっくり淹れてみました。足久保独特の苦みも少なめ、穏やかな味わいです。 ( ^^) _旦~~

 

今日も気持ち良く1日を始めましょう! !(^^)!

 

DSC04889s400.jpg

湯を注ぐ前                      1煎目後

DSC04888s300.jpgDSC04890s300.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2煎目後                       3煎目後

DSC04891s300.jpgDSC04892s300.jpg

 

 

 

 

良い天気になりました。

朝6時半には、陽はすでに目の高さより大分上に昇っています。

直射日光が頬に当たり暖かく感じられます。

二十四節気「清明」。春の日差し強く天空清く晴れ渡るという意味で清明と云う。

いよいよ植物が活発に動き始めます。

 

今日の朝茶は「奥藁科」静岡市に合併前の旧清沢村大川村のお茶です。

まっすぐに伸びた形が清々しい。

急須に茶葉を入れただけで既にもう香りが立ってきます。

60℃に冷ました湯を注げば次第に茶葉がほぐれて開いてゆきます。

 

1分20秒ほど、茶葉の開き具合を見計らって注いでゆきます。

水色は薄いけれど濃厚なうま味。

ミル芽の爽やかな香りと熟成した重厚な香りがハーモニーを奏でます。 ( ^^) _旦~~

 

今日も清々しい1日をお過ごしください。 !(^^)!

 

DSC04881s400.jpg

DSC04882s300.jpgDSC04884s300.jpg

DSC04885ctris400.jpg

 

 

 

 

4月はお茶屋にとって正月のようなものです。いよいよお茶シーズンです。

今年は2,3月の冷え込みがひどく4月に入っても藁科川から粟根に抜ける峠辺りは雪が降りました。

昨年より1週間ほど遅れている模様です。市内の桜もやっと咲き始めたくらいです。

生産は短期間に集中しそうです。

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)。

多めの茶葉でゆっくり目に淹れると濃厚なうま味が出ます。 ( ^^) _旦~~

今年も美味しい新茶をご期待ください。

 

DSC04876s400.jpg

DSC04877s400.jpg

 

 

 

 

4月は新茶時期、お茶屋にとっては新年のような気持ちです。!(^^)!

今日は休みなので店を開けて店番しながら事務仕事です。

1日はお茶の日でもあるのでお客様には一煎パックをプレゼントしています。良かったら来てね! 

 

今日の朝茶は ” 香り緑茶の試作品さやまかおり1番茶 ” 。

優しい花の香りが広がります。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04873tris400.jpg

 

 

 

 

年度末、棚卸やら何やら色々せわしない1日です。

テキパキ仕事を進めましょう。

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)

茶葉の量を少なめ浸出時間長めで淹れてみました。

ちょっと急須を揺らすとオリが出て水色は綺麗になります。

味もまったり。雑味が出ない程度に加減してみました。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、健やかにお過ごしください。!(^^)!

 

DSC04869tris400.jpg

 

 

 

 

20年ほど前、足久保共同製茶(足共)が農林大臣賞を頂いたことが有ります。

足共発足当初からお付き合いがあったので、これを記念して足久保の茶筒を繰りました。

以来、「足久保ゴールド」として販売を続けています。

 

今日の朝茶はその「足久保ゴールド」(2700円/100g)

1年前の新茶の香りがよみがえります。!(^^)!

繊細な香りと、上品な甘みが口の中に広がります。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04862tris400.jpg

DSC04865ctris400.jpg

 

DSC04863tris300.jpgDSC04866tris300.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡市の南に駿河湾を見下ろす日本平があります。

駿河湾と清水港、富士山を見晴らす風光明媚な観光地です。

ここにも茶園が広がっています。

明治初期に徳川幕臣や川越人足などが「牧の原大茶園」を切り開いたことは有名ですが、日本平も同時期に清水の次郎長などが関わりながら開拓された茶園が広がっています。

日本武尊の所縁の地で近くには草薙神社、少し離れて焼津(やいづ)があります。

 

今日の朝茶はセミナーで使った「日本平(にほんだいら)」。爽やかな味わいです。

日本の国造りの歴史や、明治の先人の苦労に思いを馳せながら頂きます。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04860ctris400.jpg

 

DSC03581tris400.jpg

 

 

[ 新茶 ] 積算温度

| コメント(0)

新茶が気になり始めるこの頃、今年はいつ頃で始めるのでしょう?

積算温度という言葉があります。

茶は立春から毎日の平均気温を足していって合計が1070℃になるころが摘み時と言われています。

実際にはそれより早い芽がまだ小さい頃から摘採が始まり1070℃を過ぎるころまで掛かります。

 

それとは別に他の植物農産物の生育を先行指標にする見方もあります。

の早い年はお茶も早い」などです。筍の豊作の年はお茶も豊作ではあるようです。

筍と同様に、地温が高くなるとお茶の根も活発に動き始めます。

こちらも今年は少し遅いようです。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6234623

 

 

新茶のシーズンが近づくと、「今年は何日ごろから新茶が始まるのか?」と問い合わせが参ります。

農協の職員も管内の茶園を巡回して平年比あるいは昨年比何日±という情報を集計します。

茶市場の職員も静岡県内外の茶園の情報の収集に余念がありません。

 

詳しい情報が纏まるのは4月初旬ですが、現在の様子では平年比3,4日遅れの様子です。

これも4月に入ってからの気温の具合で早まったりします。

何れにしても農家茶商とも遅霜を心配しながら天気予報が気に掛かるシーズンです。

 

今日の朝茶は「春待ち茶」(864円/80g)。

薄めで淹れてみましたが、質の良い風味が感じられました。 ( ^^) _旦~~

今日も健やかにお過ごしください。

 

DSC04859tris400.jpg

 

 

 

 

年度末から新年度にかけて各種総会が予定されています。

町内会の総会が終わり、昨日は日本茶インストラクター協会静岡ブロック県支部総会でし。

総会議事も無事承認され、認証式では新しく認定された日本茶インストラクター・日本茶アドバイザーさんに認定証をお渡ししてお役目を果たしました。!(^^)!

月末には協会本部の総会、月が替わって茶業組合の総会と続きます。

 

形式のようですが、そこで承認された計画を元に新たな事業が始まります。

有意義な事業が沢山計画されています。

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)

昨日の疲れも抜けて、張り切っていきましょう。 ( ^^) _旦~~

 

※ リアルタイムでは見られなかったけれど、稀勢の里凄かったですね。!(^^)!

  市議会議員選挙も終わり悲喜交々。当選された議員さんにはご活躍を祈念致します。

 

DSC04857tris400.jpg

 

 

 

 

国会は証人喚問とかで連日騒がしく、審議俎上の法案が70もあって滞っているみたいです。

国会議員の報酬を日割りにすれば毎日何十億円も国会空転で無駄!?

早く正常に戻ればいいですね。

 

今日の朝茶は「H28年大走り新茶」(1836円/100g)。

初倉から金谷、勝間田辺りの牧の原周辺のお茶です。まろやかな味わい、ミル芽の香り。 ( ^^) _旦~~

1年前の新茶を思い起こします。そして、もうすぐ始まる今年の新茶に期待を膨らませます。

今年は3,4日遅れの模様。15日頃から徐々に忙しくなりそうです。

 

DSC04855tris400.jpg

 

お盆の外の湯呑みは2煎目。

DSC04853tris400.jpg

 

 

 

 

昨日は町内会の総会。会計担当としては議事が無事承認されてほっと一息と言ったところ。

割と出入りの少なかった町内、昔は1戸建ての世帯が80戸ほどだったのが少し減ってマンションが出来てそちらの住民が40世帯ほど。

雰囲気も少しずつ変わりコミュニティーとしてのあり方も知らずに変化してきています。

それでも仲のいい町内、総会後はお弁当を頂きながらよもやま話に花が咲きます。

 

今日の朝茶は本山内牧、杉本さんの「手摘み/さえみどり」(1400円/30g、400円/8g)

優しい香りと、穏やかでしかもしっかり濃厚な味わいです。 ( ^^) _旦~~

 

急須は常滑貴資(たかすけ)の「浅丸茶色三つ葉柄」(310cc)

艶消しが落ち着いた風情です。

 

DSC04846tris400.jpg

DSC04850tris400.jpg

 

 

 

 

一雨ごとにあたたくなって来ます。

桜に気を取られていたら、鉢植えの茶の樹も芽吹いています。

九州鹿児島も今年は少し遅れ気味の便りが届いています。

静岡県内産地の様子はもうじき開かれる茶市場の買手懇話会やJA静岡市の共販大会で報告があります。

雨が降って、地温が上がってくれば茶の樹も目覚めて活発に動き始めます。

当店も新茶の資材を整えたり、年間営業計画など立てて準備に余念がありません。

 

今日の朝茶は本山茶1番茶ハサミ刈り中盤。

バランスの取れたコクと落ち着いた香り。 ( ^^) _旦~~

急須は常滑貴資(たかすけ)の平丸アイボリー三つ葉柄。

シンプルで使い易い急須です。!(^^)!

 

DSC04843tris400.jpg

DSC04844tris400.jpg

 

 

 

 

3連休が明けて、随分暖かくなってきたなと感じます。

緊張していた筋肉も、いつの間にか緩んできました。

静岡市内は市会議員選挙真最中とはいえ、家の前を通り過ぎる選挙カーは限られた数です。

スピーカーの声に気付いて急いで玄関先に出ても車は過ぎ去ってしまった後です。(^_^;)

穏やかな休みでした。さあ今日から仕事です。

 

今日の朝茶は「瑞雲(ずいうん)」(1620円/100g)

上品なミル芽の香りと、優しく濃厚な味わいが好いですね。 ( ^^) _旦~~

 

 

DSC04838tricss400.jpg

DSC04841s400.jpg

 

 

 

 

講談社現代新書の中にドイツ文学者の手塚富雄さんの書いた「いきいきと生きよ -ゲーテに学ぶ- 」と云う本があります。

「全ての事はゲーテが言った」などと云われるほどゲーテは多くの箴言を残しています。

それらをピックアップして氏が解説を加えたものです。

私にとっては20代の頃から手元にあって、時々ペラペラめくる本です。

 

その中で気に入っている言葉。「怒りは怠惰の代名詞である」

怒りや不満には必ず原因があってそれを見付けて解決すれば解消するものです。

怒りや不満が収まらないとすればそれは解決に向けて行動していないからだ、すなわち怠惰であると...。

私には耳の痛い話です。(^_^;)

 

今日の朝茶は「梅ケ島」(1080円/100g)。

強い香気としっかりとした甘渋味の存在感のあるお茶です。

好き嫌いが分かれますが、10人に1人位大好きになる方がいらっしゃるお茶です。 ( ^^) _旦~~

 

標高600m~1000mの厳しい環境の高地で黙々と栽培されてきたお茶です。

私も不満など言っている場合じゃないですね。

 

DSC04835s400.jpg

DSC04837tris400.jpg

 

 

 

 

素晴らしい朝を迎えました。

♫ 新しい朝が来た、希望の朝だ、喜びを胸に抱き、青空仰げ~ ♫

体を動かすと気持ちが良いですね。!(^^)!

 

さて、人生いろいろ。自分にも周りにもいろいろありますが...。

悩みは不都合な「事柄」にすぎません。

病気や体調不良も体の不都合な「事柄」です。

「心はそれとは関係なく元気を保てる」とは中村天風師の絶対積極の教えです。

 

何があっても、笑顔で元気。

朝茶を飲んで気持ち良く1日を始めましょう! ( ^^) _旦~~

 

今日の朝茶は「芽茶」くるっと丸くなった芽を選別したものです。濃厚な味わいが特徴です。

 

DSC04833tris400.jpg

 

 

 

 

昨夜は思いがけず雹など降って地面が濡れています。

快晴ながらしっとりした空気感の心地よい朝です。

 

昨夜は町内の会計監査でチェックを受けて無事終了総会待ちになりました。

3月は会合の多い月です。新茶前にサクサクこなしてゆきます。

 

今日も朝茶を飲んで、素敵な1日をお過ごしください。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04829tris400.jpg

 

 

 

 

当店は先代の頃からずっと本山茶を主体にお茶販売をしています。

本山茶の中でも安倍川筋藁科川筋がありますが、昔は藁科川筋がほとんどでした。ここが当店の原点です。

今日の朝茶は奥藁科。

旧安倍六ヶ村と云われる玉川・大河内・梅ケ島・清沢・大川・井川の内清沢大川の自園のお茶です。

(※ 旧安倍六ヶ村:静岡市に編入される前の北部上流域の村です)

 

今、山は急速に荒廃に向かっています。それに歯止めを掛けようと施策も施されていますがまだまだインパクトが足りません。

奥大井川の村の茶業の変遷の論文を見ると19世紀後半から20世紀、様々な時代の荒波にもまれながら他産業と縄をなうように浮き沈みを繰り返している様子が見てとれます。

http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/handle/10297/3392/simple-search?query=%E7%94%9F%E6%A5%AD%E8%A4%87%E5%90%88

長い目で見れば山の荒廃も1つの時代ですが判断を誤れば行く先は大きく違ってきます。

800年の歴史のあるこの茶産地を何とか守ってゆくのが私たちの使命と思っています。

 

馥郁とした香りをいつまでも! ( ^^) _旦~~

 

DSC04822trics400.jpg

DSC04820tris400.jpg

 

 

 

 

週末の商談会が終わったと思ったら、日曜明け方から胃痛で1日ダウン。

あっという間に月曜の朝を迎えました。

 

今日の朝茶は本山茶。

当店にとっての原点、幹になるお茶です。

薄い甘味の上に乗ったうま味、それを支えるしっかりとしてエグミの無い渋み。

落着いた一杯です。 ( ^^) _旦~~

 

巨も元気に仕事しましょう。 !(^^)!

 

DSC04813tris400.jpg

DSC04814tris400.jpg

 

 

 

 

今日の朝茶は定番「瑞祥」(1080円/100g)。

人気のある定番商品も「これで良いのか!?もっと美味しくならないか!?」と考えます。

もちろん今まで考えてきた末の香味ですから簡単に変えられるものでもありません。

でも現状に満足することなく商品を磨いてゆくことが肝要と思っています。

仕事は動いていないように見えても日々動いています。

 

今日も朝茶を美味しく頂いて仕事です! ( ^^) _旦~~

 

DSC04811tris400.jpg

 

 

 

 

静岡市葵区を南北に流れる安倍川・藁科川流域ではお茶の生産が盛んです。

安倍川の東岸と西岸夫々の中流域、上流域、また、藁科川下流域(南藁)、中藁、奥藁科と少しずつ香味が違います。

 

今日の朝茶は産地別茶「藁科(わらしな)」(1080円/100g)。

お茶は中流域中藁科、新間にあるの茶工場ネクトさんのお茶。

昨年全国茶品評会で農水大臣賞を獲得した工場です。

このお茶は少し蒸し加減のお茶。まろやかなうま味が嬉しいです。 ( ^^) _旦~~

 

今日も気持ち良く仕事を始めましょう! (^O^)/

 

DSC04807tris400.jpg

DSC04808s400.jpg

 

 

 

 

仕事柄毎日結構な量のお茶を飲みます。

朝昼夕の食事時、朝礼の時、日中は合組確認の為のテイスティングや外から持ち込まれるお茶のテイスティング。店にお客様が見えると呈茶でご一緒に。

新茶の仕入れ時期はさらに増えます。

そんな中で飽きの来ないのがいわゆる普段遣いのお茶。

ハサミ刈りの中後半、芽は大きめながら質の良いものは雑味も無く美味しく頂けます。

 

今日の朝茶は「青嵐(せいらん)」(648円/100g)。

うま味が少なめながら、穏やかな渋みは品質が良く心地よい。

食事時に飲まれるのにはもってこいのお茶です。 ( ^^) _旦~~

 

今日も朝茶を飲んで気合を入れましょう! \(^o^)/

 

DSC04803trics400.jpg

DSC04805s400.jpg

 

 

 

 

朝の公園にはいろんな鳥が遊びに来ます。

ハトにカラス、セキレイのようなかわいい鳥。

電線や立ち木に思い思いに羽を休めたり、又飛び回ったりしています。

海から山に移動するサギも上空をゆっくり飛んでゆきます。

今日も青空、良い天気です。

 

今日の朝茶は「清風」(864円/100g)。

1煎目静かに入れると本山茶の香りが引き立ちます。

2煎目深蒸し茶のオリが出るとまったりとした味わいに。 ( ^^) _旦~~

 

今日も元気で行きましょう。\(^o^)/

 

DSC04800s400.jpg

 

 

 

 

3月が始まったばかりですがウカウカしているとあっという間に4月、新茶時期を迎えます。

今のお茶を売りながら新茶の準備を進めます。

袋、包装紙、チラシ、新商品企画、売り出し企画...。

 

今日の朝茶は去年の4月の早い頃に出た本山内牧さえみどり。

柔らかい芽の香りとミル芽の濃厚なうま味、(アルギニン由来?の)苦味が春を想起させます。

 

何十年もお茶屋を遣っていると云っても、精々40回か50回しか新茶時期を体験できません。

この1年を大切に迎えたいと思います。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04792tris00.jpg

DSC04794tris400.jpg

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)。

淹れる直前に2,3回急須を回して淹れました。

深蒸し茶のオリが出て、1煎目からお抹茶風のまったりとした濃厚な味わいです。

2煎目も濃厚。何時もの2煎目より渋みが強く感じられます。

 

(多分)深蒸し茶を、「急須を廻して淹れたほうが美味しく入る。」ということを仰る方がいらっしゃいます。

昔、静岡の茶問屋の有名な茶方(主に仕入れ担当、加えて仕上げ)で「お茶は静かに淹れなくちゃ駄目だ!」と強く言われた方がいたと聞いたことが有ります。

 

甘く出るか渋く出るか、皆さまも是非お試しください。

お料理をしているみたいで楽しいですよ! ( ^^) _旦~~

 

DSC04767tris400.jpg

 

 

 

 

ノロウィルスの中毒被害が広がって心配でしたが発生場所がほぼ特定されて少し安心しました。

分からぬままではお海苔屋さんへの風評被害も懸念しました。

 

ノロウィルスと云えば随分前に昭和大学の島村教授が茶に含まれるEGCG(エピガロカテキンガレート)が

殺菌効果があるとシャーレ上の実験報告をしています。

小学校の給食時にお茶を飲めば幾らかの予防効果が期待できたのかと推測します。

 

静岡県では学校でのお茶普及を推進する事業案が県知事から発案されて具体化に向けて動いています。

学校に限らず、食事時にお茶を飲む習慣で食中毒の何割かは防げると期待しています。

 

今日の朝茶は「天下人」(1404円/100g)。

足久保独特の茶の香りが心地よいです。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04765tritris400.jpg

 

 

 

 

[ 今日の朝茶500 ]

| コメント(0)

3月になりました。

毎月1日は「静岡市お茶の日」と云う事で有志茶商、茶農家が思い思いの茶を振舞います。

当店も呈茶とお茶お買上げのお客様に1煎パックをプレゼントしています。

呈茶はお客さまのご要望に応じて普段出さないお茶もお出しします

是非お出掛け下さい。

 

今日の朝茶は定番「瑞祥」(1080円/100g)。

美味しい朝から仕事を始めます。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04762trisss400.jpg

 

 

 

 

今日の朝茶は、昨日試飲した香り緑茶の内「やぶきた」。

急須で淹れると、審査茶碗で淹れて飲んだ時と比べて格段に香りが強く感じますね。

香りを引き立たせるために1煎目70℃、2煎目80℃でしたが、

もう少し低い温度で淹れても良いかも知れません。 ( ^^) _旦~~

 

アンケートに答えながら、どうしたら商品化になるか思案です。

 

DSC04760tris400j.jpg

6個が1煎目、

湯冷ましが2煎目、

審査茶碗が3煎目です。

 

 

 

土曜日は本山茶園視察と肥料勉強会。

日曜日は日本茶インストラクター協会静岡県支部主催の闘茶会。

あっという間に休日は終わって、

新しい1週間が始まりました。

今日の朝茶はよそ様で頂いたお茶。

まろやかな味わいを美味しく頂きました。 ( ^^) _旦~~

 

今週も張り切っていきましょう! !(^^)!

 

DSC04748tris400.jpg

 

 

 

 

朝から雨です。

雨の日は心がしっとりします。

思索するにはいい雰囲気です。

お供には玉露かかぶせ茶が合いそうです。

 

今日の朝茶はかぶせ茶「瑞光(ずいこう)」(1080円/100g)。

岡部や中藁科のかぶせ茶が他産地のものと違うのは玉露に負けない覆い香が発揚していることです。

海苔の香(ジメチルスルフィド)が心を包んでくれます。

 

ストレスの多い現代社会、茶の香のコクーン(繭玉)に包まれて、暫し心の筋肉の張りを緩めるのも良いですね。

 

 

DSC04725s400.jpg

 

 

 

 

この時期お茶の需要期ですが生産時期と違って新茶が次々仕上って袋詰め出荷されるのとは違います。

定番の長年販売し続けている商品に加え、季節の企画商品が店頭に並びます。

 

この時期は「春待ち茶」(864円/80g)。

煎茶の一部を強めの火入れをし、かぶせ茶をブレンドしたものです。

春の霞のように、ほのぼのまったりとした味わいです。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04724tris400.jpg

 

 

 

 

台風一過のような快晴です。

 

今日の朝茶は昨日の続き第2弾。

本山内牧、森内さんちの「つゆひかり」。こんな上品な「つゆひかり」今まで飲んだこと有りません。

「あさつゆ」と「静7132」の掛け合わせ。

 

西部の深蒸し茶産地で作ると、まったりとした「うま味」が強調されます。もわっとした感じにもなります。

これは本山の山間部。45~50秒蒸し程度でしょうか?

上品で嫌みの無い甘みがさらっと喉を通り過ぎます。

1煎目は透明感のあるエメラルドグリーン。2煎目は少しオリが混ざって濃い目の明るいみどり。

3煎目はまた薄めの綺麗な緑色。

味わいは上品で可愛らしい14,5歳のお姫様とでも形容しましょうか!

飲めば2,3歳若返ったような気もします。 ( ^^) _旦~~

 

雲のない青空は正しく青春を思わせます。今日も元気に始めましょう! !(^^)!

 

DSC04717s400.jpg

 

1煎目                        2煎目

DSC04718tri2s300.jpgDSC04722tris300.jpg

 

3煎目

DSC04721tris300.jpg

 

 

 

 

先週末、「ふじのくに食の都の祭典」内「食とお茶のマリア―ジュ」の体験ブースにお邪魔しました。

色々な食べ物と色々なお茶のマッチングにチャレンジするイベントでした。

お茶の可能性を探る試み、楽しかったです。

 

今日の朝茶は、お土産で頂いたお茶の一つ。

川根土屋農園さんのお茶です。

これは甘いお菓子が合うかな?!

いや、これだけで独り立ちですね。

敢えて言うなら、人と人を結ぶ(マリア―ジュ)お茶。

人と人の間にこのお茶があればそこが茶の間、会話も化学反応を起こすかもしれません。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04713ctris400.jpg

DSC04714tris400.jpg

 

 

 

 

昨年、当店の工場見学をする機会がありました。

その際に日本茶インストラクターの試験を受ける方がいらして見学と併せてお茶の鑑定のミニ講座みたいなことをして差し上げました。

昨日試験の合格発表があって(今日ホームページにアップ)見事に合格したと報告に見えました。

全国の合格者さん、おめでとうございます。嬉しい限りです。

 

日本茶インストラクター・日本茶アドバイザーの資格はお茶全般、栽培製造・効能・淹れ方・歴史など広く学んで頂いた方に付与される資格です。

合格はスタートライン。これからもっともっと勉強と実地での体験を積んで活躍して頂きたいものです。

 

今日の朝茶は「瑞雲(ずいうん)」(1620円/100g)。

1煎目は静かに、2煎目は濃厚に。上品でおいしく頂きました。 ( ^^) _旦~~

 

合格者さんも青雲の志をもって活躍されることを祈念します。

今日見る雲はいつもと違って輝いて見えるかも知れません。!(^^)!

 

1煎目                        2煎目

DSC04696tris300.jpgDSC04697tris300.jpg

 

 

 

 

昨夜早めに寝たら2時半頃目覚めて暫く眠れず。

いつの間にか寝付いたら6時半に目覚めてラジオ体操に間に合わず。

チョコレートのせいでしょうか!?

 

仏様、神様へのお参りをして、湯沸かし。

朝食もみそ汁に梅干、海苔、ヨーグルトにリンゴ。

事務所で急須に湯通しとルーチーンをこなして徐々にいつもの雰囲気になって来ました。

毎日のリズムは大事ですね。

 

朝茶もルーチーンの一つ。

今日の朝茶はいつもの「瑞祥」(1080円/100g)

いわゆる標準的な淹れ方で淹れてみました。

70℃の湯270cc、茶葉10g、浸出時間1分。2煎目は30秒で。

美味しく爽やかに入りました。 ( ^^) _旦~~

 

今日も元気でお過ごしください。!(^^)!

 

DSC04688tris400.jpg

 

 

 

 

茶筒にも色々あります。

和紙をあしらったもの、銅製缶...。

今日のお茶は秋田の桜皮の茶筒に入れました。温かい感触が良いですね。

人間が影響を受けるのは視覚が90%と言いますが、より長くより深く記憶に刻まれるのは

匂いだったり、触覚だったりするように思います。

元掛川市長の榛村さんも「撫育」を提唱されていました。

愛着を感じるものはついつい、”撫で撫で”したくなります。

桜皮も温かい風合いで気に入っています。

 

今日の朝茶は「天下人」(1404円/100g)。

足久保の上品な香味がご好評を頂いています。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04664trics400.jpg

 

 

 

 

寒い日が続きます。静岡でも珍しく今朝の最低気温はマイナス(-1.3℃)でした。

水をずっと触っていると痛くなって来ます。

それでも昼ころには10℃を超えるでしょうから過ごしやすいです。

中村天風師が1日2回位外に出て襟のボタンや袖もボタンをはずして体の中に30秒位冷気を入れるのが良いと言っています。

今日もしゃきっとしていきましょう。

 

今日の朝茶は本山茶内のブレンド品。深い香りです。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04662tris400.jpg

DSC04663s400.jpg

 

 

 

 

富士山に綺麗に雪が積もっています。

屋上から見える南アルプス連山も雪化粧して日の出の時間には山の端が紅く染まって綺麗です。

静岡では700m位を境に上が雪、下が雨になることが多いので街中は殆ど雪は降りません。

 

今日の朝茶は梅ケ島と清沢の合物。

梅ケ島は標高500m位から1000m位の所まであります。

清沢(奥藁科)は標高300m位から800m位でしょうか。

今日のお茶はどちらも標高600m位の所です。たまに雪がぱらつく程度です。

 

標高が高くミネラル分豊富な土壌で育ったお茶は香りが高くしっかりとした味わいです。 ( ^^) _旦~~

単品で商品にはなっていませんので店頭には並んでいません。

ご来店の折、御用命くだされば呈茶して差し上げます。!(^^)!

 

DSC04644tris400.jpg

DSC04649tris400.jpg

 

 

 

 

今日は亡くなった母親の誕生日。生きていれば101歳。

「死んだ子の年を数える」などと云いますが、親であっても同じですね。

「もう少し長く生きていて欲しかった」そんな感慨は私がいい年になっても変わりません。

今日は母の好きだった味噌饅頭でもお供えしましょうか。!(^^)!

 

今日の朝茶は「栄彩(えいさい)」(3240円/100g)。

本山の初期の手摘み茶に、初倉の初期の手摘み茶を少しだけブレンドしてあります。

初づみのミル芽の香りが広がります。新茶時期に戻ったような気分です。 ( ^^) _旦~~

 

 

DSC04642tris400.jpg

DSC04643tris400.jpg

 

 

 

 

今朝は冷えましたね。腕を振り回していると手が悴んで来ます。

相変わらず、風邪やインフルエンザも流行っているようです。ご自愛ください。!(^^)!

 

今日の朝茶は「萌水(ほうすい)」(540円/100g)。普段遣いに人気のお茶です。

上級茶の繊細さは無いですが、どっしりとした手触りが良いです。

もちろん香味もしっかりとしていて食事時でも、お菓子と一緒でもお楽しみ頂けるお茶です。

忙しい中にも、ほっこりとしたお茶の一時を作って気分をリフレッシュして頂ければ幸いです。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04639tris400.jpg

DSC04640tris400.jpg

 

 

 

 

この時期、新茶シーズンに向けてお茶の資材屋さんからカタログが送られてきます。

各社ごとに工夫を凝らした内覧会もあって売り込みに余念がありません。

お茶屋はと言えば各社オリジナルの包材制作に加えて業者が作る資材をうまく活用して新茶商品を作って参ります。

のんびりしていると2月は逃げてゆきます。 (^_^;)

 

今日の朝茶も「瑞祥」。張り切ってゆきましょう。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04636tris400.jpg

 

 

 

 

homepage_bnr.gif

最近のコメント