[ 2016新茶013 ] ほうじ茶

| コメント(0)

ほうじ茶にはそれに向く原料と向かない原料が有ります。その選定が一つ。

炒り方によっても香味の表情が全く違います。

画像右上が原料茶。時計と反対周りに浅炒りから濃い目の焙煎まで。

同じ原料と思えない位大きく膨らんでゆきます。

DSC01951s400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お湯に出してみました。下1煎目、上2煎目。右の原料茶は参考までに...。!(^^)!

緑茶の感じが残るものから、焦げた炭の匂いの感じるものまで。

美味しい焙じ茶を作るのにも工夫が必要です。( ^^) _旦~~

DSC01953s400.jpg

コメントする

homepage_bnr.gif