[ 今日の朝茶343 ] 湯温

| コメント(0)

お茶を淹れる時、お湯の温度を少し下げると渋みの少ないお茶になります。

その為の道具が「湯冷まし器」です。湯呑みでも代用できますが1つあると便利です。

 

むやみにお湯の温度を下げるのが良いばかりではありません。温かさ(熱さ)も味わいのうちの一つですから。

それでも少しだけ湯温を下げてお茶を淹れると随分と違った表情、違った味わいのお茶になります。

 

どのくらい下げるのかは、淹れる方の感性でいかようにも...。!(^^)!

一つの目安は煎茶で70℃。昨日のテレビでも林先生が解説していました。

同じお茶、いろんな湯温でお試し、お楽しみください! ( ^^) _旦~~

DSC02176s600.jpg

 

コメントする

homepage_bnr.gif