2016年8月アーカイブ

日々の暮らしの中で、思いも掛けないことが起こることが有ります。

「え!何故!どうして!?」。想定外、青天の霹靂です。

 

そんな時いつも思い浮かべる論語の一説。

「子曰わく、君子は坦(たいら)かに蕩蕩(とうとう)たり。 小人は長(とこしなに戚戚(せきせき)たり」

バタバタしないで、ゆったりと落ち着いて。

成るようにしかならないと諦めた(明らめた)時、また新たな知恵が浮かぶものです。

 

鎌倉時代の御坊様が煩脳を除き悟りを開くために平常心を得るのに飲んだのがお茶でした。

今日の朝茶は「青嵐」648円/100g。安いお茶でも効果は同じです。!(^^)!

今日も朝茶で、頭と心をすっきりさせて一日を始めましょう。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02814s600.jpg

 

 

今日の朝茶は、昨日と同じ「清風」です。

昨日より3割多めの茶葉、低めの温度で出しました。

社員の反応は明らかにこちらの方が良かったです。

私たちお茶屋がお茶の淹れ方についてお話しする理由がここにあります。

いろんな淹れ方で違う味わいのお茶を作ることが出来るからです。

 

急須の茶葉はまだ開き切っていません。

2煎目も十分味わい深く飲めます。

3煎目も飲めるでしょう。

茶葉を多く使う事は必ずしももったいない訳では無くて、

少なめの茶葉で薄い香味の茶を1煎だけ頂くより余程コスパが良いのです。

 

お茶の味を決めるのは

・水の質

・湯の沸かし方

・急須と湯呑み

・茶葉の質、量

・湯の量、温度

・浸出時間

・注ぎ方

 

・飲む人の体調(これは味そのものというより、感じ方)    です。

 

とは言ってもあまり難しく考えずに、いろいろ遊んでお楽しみください。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02811s600.jpg

 

 

[ 今日の朝茶384 ]

| コメント(0)

朝の風が随分爽やかになって来ました。

日中は30℃越えですが秋の気配です。

 

小学校も夏休みが短くなって今日から2学期の所も多いみたいですね。

ラジオ体操からも子供たちの姿がいなくなりました。

お子様がいらっしゃるご家庭では、忙しい朝が始まるのでしょう。

 

今日の朝茶は「清風」864円/100g。

柔らかな香りと旨み渋みが朝のひと時のアクセントです。

今日も良い1日をお過ごしください。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02806tris600.jpg

 

今日の朝茶は奥藁科、清沢の手摘み茶です。

3ケ月経って少し花のような香りが出てきました。

ミル芽の香りと濃厚なうま味は健在です。

 

1煎目は60℃のお湯300cc茶葉16g1分10秒浸出。

2煎目は70℃で50秒。3煎目は80℃で40秒。急須の中の茶葉が次第に開いてゆきます。

 

煎が進むほどに旨みも渋みも薄くなってゆきますが、飲んだ後お口の中がさっぱりとした爽快感があります。

口を締めない(しびれさせない)良い渋みです。

山のお茶の特徴ですね。

 

今日も爽やかな気分で仕事開始です。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02794tris400.jpg

1煎目。

DSC02797s400.jpg

2煎目。                        3煎目。

DSC02798s300.jpgDSC02799s300.jpg

 

当店での取り扱いはありませんが、鹿児島県は静岡県に次ぐお茶の生産地です。

今日の朝茶は研修のために取り寄せた鹿児島の「やぶきた」。

 

同じ「やぶきた」でも産地によって香味が変わります。

ワインではテロワールと言いますが、その土地によって生じる独特の香味があります。

このお茶は癖のない素直な感じの香りに濃厚なうま味があります。

好みの香りのお茶にブレンドするのも良いかも知れません。

 

他の方はどの様に感じられるのだろうと、想像するのも楽しいものです。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02789tris400.jpg

DSC02788s400.jpg

 

 

あるイベントで頂いたティーバッグです。

静岡県内11農協が協力してPRしようと作ったグッズ。

普通煎茶と深蒸し煎茶の2種。これは深蒸し煎茶です(3g2個入)

持ち寄りのお茶で作ったものですからお茶の味がどうこうというよりも、「一致団結して頑張ります」のメッセージ性が強いアイテム。

 

私たちがブランドを突き詰めようとすると尖がらざるを得なくなります。その分狭くなります。

静岡茶というブランドでは輪郭があいまいで、勢い本山茶、川根茶、掛川茶と狭くなってゆきます。

更には、足久保・梅ケ島・奥藁科...

そこにはそれぞれの産地や茶商の思いや信念はたまた思惑があって、PRを展開している訳です。

 

茶商の立場で言えば、自分の役割は何なのか、立ち位置はどこなのかを考えながら自社ブランドを構築してゆきます。

わが社で云えば地元、本山茶がメイン。加えてお客様のニーズにお応えする商品を作っているということになります。

 

ティーバッグ一つにもいろんな思いが込められているのです。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02785s600.jpg

 

 

 

オリンピックも全競技を終えました。

それにしても陸上男子400mリレーはすごかったですね。思わずテレビの前で拍手を送りました。

あとは閉会式のみ。

 

と思ったら、日本には台風が3個も来て大変です。

静岡は今のところ雨風も殆どなく肩透かし状態。

なんとなく落ち着かない気分で1週間の始めです。

 

氣を落ち着けるのにもお茶が一役。

今日の朝茶は梅ケ島。静岡市安倍川最上流域の香り高いお茶です。

 

重厚な香味が平常心を取り戻してくれます。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02781s400.jpg

 

DSC02782tris400.jpg

 

ダージリン

| コメント(0)

休みの今日は午後から用事。

で、その前にちょっと茶拝見。頂き物のダージリンです。

DSC02773trs300.jpg

DSC02774tris300.jpg

 

茶色の茶葉に白豪と緑の葉が混じってグリニッシュな予感。

茶碗手前左:茶葉3g熱湯200cc。

ポット:茶葉6g、熱湯400cc

茶碗中央:3分後に浸出。 右:5分後に浸出。 上:7分後に浸出。

青い香りは殆どなく、爽やかな香り。

時間経過と共に渋味より苦みが勝ってくる。

DSC02775tris300.jpg

DSC02777tris300.jpg

 

芽は流石にミルいですね。日本では中々出来ない仕事です。

DSC02778tris300.jpgDSC02780tris300.jpg

 

本山抹茶研究会の皆さんが今年の抹茶を持って来訪されました。

「駿河の昔」。昨年国際名茶品評会で金賞を受賞したお茶の本年度産です。

かれこれ30年続けて来られた努力の賜物です。

 

今、国内外で抹茶ブームです。京都は抹茶景気に沸いてバブリーな感じになっています。

静岡でも2,3年急に抹茶の取り組みが始まりました。

しかし、そんな簡単にものになる訳では無く、多少形になるのに10年15年が必要でしょう。

今後の推移に興味津々です。

 

今日の朝茶は早速「駿河の昔」。まだ青みが残っています。

秋以降にはもう少し熟してまったりとした香味になっている事でしょう。楽しみです。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02772tris400.jpg

DSC02770tris400.jpg

 

今日の朝茶はよそ様から頂いたお茶です。(これも勉強)

茶袋に書いてあるタイトルが良いですね。

お茶って人の心をほぐして微笑ませてくれるものなのですよね。!(^^)!

 

実は、私のデスクの前にも 「笑顔確認鏡」 があります。(^_^;)

鏡の左に「今あなたの心はほほえんでいますか」と書いてあります。

これで今日の自分をチェックです。

 

あなたの心も微笑んでいますか!?

さあ、朝茶を飲んで心を微笑ませて1日を始めましょう。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02766s400.jpg

DSC02765tris400.jpg

DSC02768tris400.jpg

今週土曜日の研修のために取り寄せた川根茶。

オーダーしたのは「やぶきた」と「おくひかり」。そしたらサービスで「はるみどり」をつけて頂きました。!(^^)!

 

2000年登録の比較的新しい品種。

やぶきたが母親の品種が多い中で、「はるみどり」の母親は「かなやみどり」、父親が「やぶきた」です。

 

香りは「かなやみどり」由来のやんわり”もわっ”とした感じ。春の霞に包まれるような印象です。

作り手の腕もあるのでしょうが、濃厚なうま味。社員からも自然と「旨い!」と声が出ます。

 

3煎目後の茶殻も綺麗です。芽もそろって傷みの痕跡も全くありません。

生産者の手を抜かない茶園管理と摘採技術が窺われます。

美味しいお茶を飲んだら、朝から馬力全開で行かなきゃいけませんね!伊藤美誠ちゃんを見習って! ( ^^) _旦~~

 

DSC02760s400.jpg

DSC02762tris400.jpg

DSC02763s400.jpg

 

夏休み、こまごまとした用事やらイベントやらで過しました。

基本、「食っちゃ寝+テレビ観戦」で少し体もなまり気味です。

オリンピックも成績が良いようで何よりです。卓球とバドミントンの躍進はスゴイですね。

 

今日の朝茶は目覚めの定番の「瑞祥」。1080円/100g。

気合いを入れ直して今日から仕事再開です。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02758s600.jpg

朝お茶を淹れる時、大抵2煎目まで淹れます。

1煎目と2煎目の味の違いを確認しています。

1煎目の淹れ方で、2煎目の味も変わりますが、良いお茶であれば2煎目もしっかりとした味わいが楽しめます。

 

「最近のお茶は煎がきかない。」とはお客様からの代表的な苦情の一つです。

深蒸し煎茶は1煎目で味わいの多くが出るので2煎目とで味の開きが大きいです。

普通煎茶でも、葉に力が無いと2煎目に力がありません。

 

今日の朝茶は「熟成本山茶」1080円/100g。

どっしりとした香味を評価して頂いています。

今日は茶葉15g、1煎目65℃の湯270cc程で90秒。2煎目は65℃30秒で淹れました。

2煎目もしっかりとした味わいが感じられます。 ( ^^) _旦~~

「暑くてバテそう、冷たいもの飲みすぎたかな!?」と思ったら、温かいお茶がおススメ。

胃と体と心を癒してくれます。 \(^o^)/

DSC02752tris600.jpg

今日は気分を変えて、水出しでお茶を淹れてみました。

普通の急須に茶葉を入れ、水を注いで約5分。味もしっかりと出て美味しく頂きました。

2煎目は冷まし湯で。これも美味しく。!(^^)!

 

「暮らしの手帳」ではないですが、お茶のある暮らしを豊かにしたいですね。

いや、「暮らしを豊かにするのにお茶を役立ててください」かな?

 

お茶とお菓子、お茶とお花、お茶と音楽、お茶と器、お茶と本...。

お茶+α 。 αって一杯あります。

これも、α+お茶の順かも知れません。

お茶って主客どちらにも成れるんですよね。力はある、でも必要以上に出しゃばらない。

 

皆さんの「α」って何ですか?! ( ^^) _旦~~

DSC02750tris600.jpg

暑い日が続きます。関西方面からは悲鳴に近い声も聞かれます。

今日も西日本と日本海沿岸で猛暑予想が沢山出ています。ご自愛ください。

 

汗をかいたら水分補給です。

人は1日1000~1500ccの水分補給をします。

人により、その日の気温により差はありますが、夏場は特に小まめな水分補給が欠かせません。

 

基本は水。どこでも手軽に水が飲める日本は幸せですね。

お茶もお奨めです。水分補給が目的なら薄めのお茶をがぶがぶと。乾きが解消されます。

うだる暑さにちょっと癒されたければ上等のお茶を一寸頂くのもまた好いものです。渇きが潤されます。

 

さあ、朝茶を飲んでピチピチな心で今日を始めましょう! ( ^^) _旦~~

 

DSC02749s600.jpg

川根茶

| コメント(1)

川根からお客様が見えました。いろいろ話をさせて頂く中でサンプルを3点頂きました。

仮に番号を右から3番,1番,4番。品種は全て「おくひかり」。

3番は被覆したもの、1番は露地、4番も露地だが1番とは製造方法が少し違うとの事。

 

早速拝見。

「おくひかり」という品種は苦味の強い品種ですがこのお茶は中々と云うか流石と云うか良い出来栄えです。

被覆は穏やかな味わい、覆い香は左程しません。

露地は良いうま味が出ています。4番は1番よりミル芽で手前の熱湯浸出では苦味を感じました。

 

上暖は70℃90秒浸出です。

被覆は少し味わいが薄く感じられました。

露地は非常に良い香味。4番は置き水が甘く感じられました。少し萎凋させたのでしょうか?

 

何れにしても、こんなお茶毎日飲めたら幸せです。!(^^)!

何か上等な部屋で上品な方と一緒に ” お茶してる ” 気分で飲ませて頂きました。! (*^^)v

DSC02736s600.jpg

DSC02733s600.jpg

 

DSC02734s600.jpg

 

 

研修のために取り寄せたお茶、その2。

埼玉県狭山茶、品種:「さやまかおり」。埼玉茶業試験場育成、1971年。

「やぶきた」の自然交雑実生。

 

要するにやぶきたの茶園で咲いた花にどこからか飛んできた花粉が付いて実がなったもの。

お母さんは「やぶきた」でお父さんは良く分からない。(^_^;)

渋味は少なめ、ツンと鼻を通り抜ける香りが特徴。

 

「やまかい」にも似た風情です。ちなみに「やまかい」は静岡茶試選抜のヤブキタ自然交雑実生、1967年。

ほぼ同じ時期に160~170㎞離れた場所で育成されたお茶がどこか似たような。兄弟と言えば兄弟かも知れない。

 

品種の来歴と香味の特徴はとても面白いですが、

その香味が時代の推移と共に受け入れられ方が微妙に変化してゆくのがさらに面白い。

嫌われ者が一躍晴れの舞台に載ってしまったり...。

 

お茶屋さんも常に頭を柔軟にしていなければいけません。 ( ^^) _旦~~

DSC02726tris600.jpg

 

DSC02731s600.jpg

 

昨日の夕方お客様が見えて玉露を買って行かれました。

帰り際にお話をしたら、お子様が「夏休みの研究でお茶を取り上げたので」、とのこと。

「それでは訊きたいことが有れば何時でもいらして下さい。興味のあるお茶があれば飲んで頂けますよ。 !(^^)! 」とお伝えしました。

「はい、又寄らせてもらいます。」と言って帰られました。

私も夏休みの課題では悩んだ口です。

 

今日の朝茶は「玉露瑞宝(ずいほう)」1500円/100g。

1煎目は氷出しで、2煎目は水出しで、今日は3煎目まで、湯冷まししたお湯で。

味わいの変化を楽しめました。 ( ^^) _旦~~

 

今度来られたらどんなお話が出来るでしょうか、逆に玉露の感想を聞けるかな。

さて、私も課題は山積ですが夏休みの宿題は何にしましょうか? (^_^;)

 

DSC02717s600.jpg

DSC02719s+600.jpg

 

研修に使う予定で取り寄せた静岡県外のお茶、今日は「宇治茶」です。

とても綺麗に仕上がっています。

火の入り具合も予想と少し違って面白い。

作り手の意図など想像しながら拝見するのもまた楽しい。

舌の上で旅をしているような気分になります。!(^^)!

お茶で旅するのも一興です! ( ^^) _旦~~

DSC02714s600.jpg

DSC02716s600.jpg

 

 

 

土日に、「ネットを見てきた」と言って当店に立ち寄られるお客様が時々いらっしゃいます。

「天翠」と「天下人」をご覧になったお客様が多いようです。

お茶を淹れて差し上げながらお話をします。

お茶にはストーリーがあります。その先に美味しいお茶があって、その先に笑顔があります。

今日の朝茶は「天下人」1404円/100g。

徳川家康公が御用茶園を設けた地域のお茶です。上品な香味が心を洗ってくれるようです。 ( ^^) _旦~~

DSC02705s600.jpg

DSC02708s600.jpg

 

 

他府県の住民の関心まで巻き込んで東京都知事選が終わりました。

今日からいよいよ8月です。

朝のラジオ体操も子供たちが加わってにぎやかになりました。蝉しぐれが喧しいくらいです。(^_^;)

 

今日の朝茶は「瑞祥」1080円/100g。

毎月1日は「静岡市お茶の日」あちこちのお茶屋さんでサービスがあります。

当店では、冷たいお茶のサービスに加え、瑞祥の1煎パックを差し上げています。!(^^)!

 

今日もお茶で熱い1日を乗り越えましょう。 ( ^^) _旦~~

 

DSC02703s600.jpg

homepage_bnr.gif

最近のコメント