2017年1月アーカイブ

毎朝、朝礼時の朝茶ではいろんなお茶を淹れて社員に飲んでもらっています。

今日の朝茶は、足久保手摘み茶。

濃厚なうま味と奥深い香りのお茶には社員の口から期せずして「うまい!」の声が漏れます。

 

出来るだけ多くのお客様にこの美味しさをお届けしたいですね。

お店に来られたらリクエストしてください。!(^^)!

時間のある限り対応いたします。

 

今日も新鮮な気持ちで1日を過ごしましょう。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04528tris400.jpg

DSC04530tris400.jpg

 

 

 

 

今日も今日とて飽きずに朝茶です。

もう始めてから数年経ちますが、当店では「当たり前」のことになっています。

家庭で、職場でお茶を飲む習慣が少しずつ減って潤いとゆとりが無くなった気がします。

 

家でも外でも、あなたと私の間にお茶があればそこが「茶の間」。心を通わす場になります。

 

「最近心の交流が少ないな!」と思ったら急須を手に取りましょう。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04522s400.jpg

 

 

 

 

静岡市の山間部では茶摘みを4月の中旬から始めます。

最初は手摘みから始め、時機を見てハサミ刈り(機械刈り)に替えてゆきます。

今日の朝茶は足久保ハサミ刈りの初期のもの。

手摘み初期のものは上品ながら薄めの味のものもありますがこの時期のお茶は味わいに力強いコクが出始めます。

 

濃厚な味わいのお茶を頂いて、さあ仕事を始めましょう。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04520tris400.jpg

DSC04521tris400.jpg

 

 

 

 

今日は寒いので普段遣いのお茶「青嵐(せいらん)」(648円/100g)を熱めの湯で淹れてみました。

画像に「湯気」を取り込みたかったのだけれどうまくゆかず殆ど不明。(^_^;)

ピントの問題ですか?!

 

お茶は温かく美味しく入りました。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04516tris400.jpg

 

 

 

 

風邪予防がきっかけで始めた「朝茶」だけれど、私が引いてしまって面目ない。 (+_+)

お蔭で朝の行水もラジオ体操も1週間サボっています。

 

おとなしく快復を待つのみです。

とは言え、朝茶は忘れずに! ( ^^) _旦~~

 

DSC04509tris400.jpg

 

 

 

 

徳川家康公は健康には人一倍気を遣い、本草学にも詳しかったことが知られています。

駿府城のすぐ脇に薬草園を作り自らも調合したと伝えられています。

この薬草園は現在静岡県立大学薬学部の薬草園として、大学の一番奥まった山の上にあります。

 

家康公はお茶にも興味を示し市内足久保の地に御用茶園を作りました。

今日の朝茶は足久保のお茶を厳選して作った「天下人」(1404円/100g)です。

上品な香りを楽しみながら早く風邪を治しましょうか! ( ^^) _旦~~

 

DSC04507tris400.jpg

 

 

 

 

今日は社員が1人体調を崩して欠勤。

朝茶の湯呑みも1つ少ない5つ。6つが見慣れるとちょっと寂しい感じです。

私も今一風邪が抜けきっていないようですが、ごまかしごまかしぼちぼちです。

 

と云う訳で、体は風邪でも心は元気!で行きましょう。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04501tri400.jpg

DSC04502s400.jpg

 

昨日は東京出張で「朝茶」は1日お休みでした。

今日は大寒、曇り空で肌寒いです。

 

今日の朝茶は、清沢・梅ケ島のハサミ刈り茶。

飾り気のないうま味と落ち着いた香りが良いですね。!(^^)!

急須は常滑の高資(たかすけ)、形は平丸、意匠は三つ葉。

日本茶インストラクター協会でも使っている使い易い急須です。

 

今日も寒さに負けずに張り切っていきましょう!! ( ^^) _旦~~

 

DSC04490tris400.jpg

 

 

 

寒い朝に温かいお茶は御馳走です。白湯を飲むだけでもほっとしますが、お茶なら尚更です。

適温に冷ましたお湯の温度がそれ以上下がらないように急須も温めます。

もちろん湯呑みも温めてお茶の温度が下がらないように気を遣います。

 

さて、お茶を注ぎ分けて朝礼を始めます。

今日の朝茶は「青嵐」(648円/100g)。普段遣いで人気のお茶です。

心を温めて、仕事を始めましょう!! ( ^^) _旦~~

 

DSC04487s400.jpg

DSC04488s400.jpg

 

 

 

 

寒い日が続きます。一部地域ではインフルエンザも流行っているようです。

思えば数年前にインフルエンザが流行って予防のために始めた朝茶でした。

お蔭で社内は殆ど風邪知らずです。 !(^^)!

 

今日の朝茶、昨年4月の「大走り新茶・緑の風」(1836円/100g)が少し残っていたので淹れてみました。

濃厚なうま味は健在です。

2煎目、3煎目も美味しく頂けました。 ( ^^) _旦~~

 

今日も寒さに負けずに張り切っていきましょう。 \(^o^)/

 

DSC04482tris400.jpg

DSC04481tris300.jpgDSC04483tris300.jpg

 

 

 

 

 

今日は朝から特注でバタバタ忙しい始まりです。

しかしこう云う時こそ忙中閑。1杯のお茶がこころを冷静にしてくれます。

忙しいとは心を亡くすこと。

心を取り戻して、仕事です。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04479s400.jpg

静岡市は北は3000m級の南アルプス、南は駿河湾に面し海は過ぐに深くなり湾の先は3000m程の深海になります。

丁度、富山県・石川県を180℃回転させたような地形です。

標高差が大きい分、山の幸、海の幸の種類が豊富な土地柄です。野菜・果物・魚にお酒、色々あります。

 

今日の静岡市街は気持ちの良い晴れ、流石に空気は冷たいです。

川沿いの山間部、標高700mから北は雪が降った模様です。

今週末は更に寒くなる予報、皆様ご自愛くださいませ。

 

今日の朝茶は先日手揉み流派「鳳明流の研修会で揉んだお茶。

原葉が良いので気持ちよく揉めたお茶です。

味わいも旨み濃厚で穏やかな甘みがあります。「さえみどり」だったと思います。

ご来店の上、御所望下さればお出し致します。 ( ^^) _旦~~

 

今日も寒さに負けずに張り切ってゆきましょう! \(^o^)/

 

DSC04462trics400.jpg

DSC04465tris300.jpgDSC04460s300.jpg

 

DSC04461tris300.jpgDSC04463tris300.jpg

手揉みのお茶は葉が切れてないので元の葉形に戻ってゆきます。

 

 

 

 

 

雲がほとんど無い、きりっとした空気の気持ち良い朝です。

朝日が昇ると北の方角や西の方角の山々が赤く染まってとても綺麗です。

遠くには雪を頂いた山の尾根も見ることが出来ます。

安倍川藁科川流域で採れる本山茶産地も清々しく目覚めの時を迎えます。

 

今日の朝茶は本山産(梅ケ島、奥藁科)の1番茶終盤のお茶。

確かなうま味と渋みのバランス。香りも派手ではないが心地よく鼻を抜けます。 ( ^^) _旦~~

 

このお茶は当店の5~600円売りのブレンドの核になるお茶(親茶(おやじゃ)と云います)です。

香味がしっかりとしているのでブレンドするお茶の特徴も生きてきます。

 

DSC04457s400.jpg

DSC04459tris400.jpg

 

 

 

 

久し振りに「深蒸し牧之原」(1296円/100g)を淹れてみました。

65℃で50秒、濃厚なうま味のお茶になりました。

香りが足りないと思ってちょっと揺すってみると茶の浮遊物が湯呑みに出てきて

深蒸し茶独特の香りが楽しめました。 ( ^^) _旦~~

 

6個の湯呑みに回し注ぎをしながらお茶を淹れる時も、

静かに淹れるのと、急須の方向け具合を大きくしながら何往復もして入れるのとでは

味わいが随分変わります。

 

亭主は茶の調理人です。 !(^^)!

 

DSC04452tris400.jpg

DSC04450s400.jpg

*コメントジェッタ^-92

今日のお茶は旨みたっぷりで渋味がなく淹れた時の水色も濃かったので、深蒸しだなっと

思って飲んでいました。でも結構旨みが効いているので、良い深蒸しだなっと思っていたら

1200円の牧の原ということで、温度調整はどんなんだったろう・・・

新茶の時に飲むと、深蒸しなので渋味はそんなに感じないですが、時々どっと来るものが

ありますが、今日は角がとれた感じで柔らかく飲めました。

 

 

 

僅かですが朝が早くなりました。

東南の方角、ビルの屋上から朝7時頃朝日が顔を出します。

少し冷たいですが、陽の光を浴びるととても気持ちが良いですね。 \(^o^)/

 

今日の朝茶は足久保手摘みの最終期。

濃厚なうま味と上品な香りが体の中から清めてくれる感じです。 ( ^^) _旦~~

 

今週も元気に始めましょう。 !(^^)!

 

DSC04443s400.jpg

DSC04447s400.jpg

 

 

 

 

戦後70年、生活者の嗜好ニーズが多様化し、国民飲料であったお茶も 「one of them 」  になりました。

販売者も時代の変化に合わせて新商品開発に一生懸命取り組んでいます。

最近は和紅茶や半発酵茶、微発酵茶、各種品種茶など日本茶の世界も文字通り ” 色とりどり ” になりました。

 

とは言え、やぶきたの普通煎茶は長年かけて磨きを掛けてきた世界に誇る日本茶の代表選手と言えるでしょう。

今一度、原点=足元を見つめ直し、長年ご愛顧頂いている商品も再度見つめ直し、磨きを掛けてゆこうと思います。

 

今日の朝茶は「緑峰(りょくほう)」(2160円/100g)

4月の風を感じます。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04325tris4s400.jpg

DSC04326tris400.jpg

 

 

 

 

1月5日、今日は当社の仕事始めです。

皆が元気に顔をそろえて挨拶です。

 

先ずは初荷の注文の支度、新年の御挨拶回りです。

今年もお客様のお役に立てるように頑張ります。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04321s400.jpg

 

 

 

 

おだやかな新年をお迎えのことと存じます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

当店営業は4日からですが今日もお店を開けてご来店お待ちしております。m(__)m

 

今日の朝茶は、昨日の新年初揉み会で頂いた「手揉み茶」。

すーっと伸びたお茶の葉はとても綺麗です。

冷まし湯で1煎2煎と進めてゆきます。

濃厚なうま味が葉力を感じさせます。

 

5煎6煎と進めば茶葉も開いて元の生葉の形に戻ってゆきます。

今年も良い「茶縁」に恵まれることを願っています。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04319s400.jpg

DSC04265s400.jpg

 

DSC04314trics400.jpg

DSC04315s400.jpg

DSC04320tris400.jpg

 

 

 

 

homepage_bnr.gif

最近のコメント