2017年4月アーカイブ

1週間から10日遅い今年の新茶。それでも本山茶が出荷され始めました。

今日の朝茶は足久保共同製茶さんが、足久保より少し離れた内牧の茶園で作ったハサミ刈りの茶。

まだ芽はミルいですね。

5月からいよいよ本格的に本山茶も一斉で、生産量も増えて来そうです。 ( ^^) _旦~~

と思って、足久保と清沢に行ってみました。いや、茶園はまだまだでした。(^_^;)

今年はほんとにのんびりです。

 

DSC05277s400.jpg

DSC05279tris400.jpg

 

 

 

 

新茶期も忙しくなるとアルバイトスタッフさんに来てもらって仕事を進めます。

朝茶の湯呑みも増えて賑やか。 !(^^)!

今日の朝茶は、牧之原。大臣賞も取る優秀な方のお茶。上品でおいしいです。 ( ^^) _旦~~

 

本山も出てきました。内牧の自然仕立て茶園の手摘みです。こちらも良い出来です。\(^o^)/

八十八夜に向けて第一の山、ひと踏ん張りです。

 

DSC05251s400.jpg

DSC05253s400.jpg

 

 

 

 

新茶の仕入れをする際に審査茶碗を使ってお茶見本を拝見します。

香り・味わいが優れているか、値段と比べて妥当なものか、そして欠点は無いか。

審査茶碗に3,4g入れて熱湯を注ぎ入れた後、アミ匙で茶葉をすくい匂いを嗅ぎスプーンで湯をすくって飲んで香味を確かめます。

熱湯で出してお茶の良いところも悪いところも全てだして確認します。

 

DSC05261s300.jpgDSC05263s300.jpg

 

DSC05272s300.jpg

 

茶農家にとっては久し振りの茶製造で、最初のお茶は感覚をつかむのに緊張しながらの製造になります。

機械も掃除をして油を差して、摘採も丁寧にしていざ製造に臨んでも時に失敗もあります。

 

製茶機械や茶刈り機に注した油が茶に付いたり蒸しの蒸気が茶葉に平均に行き渡らなかったり...。

この「油臭」、昔は最初のお茶に埃と共についていることが時々ありました。

即座に返品対象になる訳ですが「出荷する前に自分の作った茶を確認しろ」などと小言を云う事も少なくなりました。

機械を丁寧に掃除してもなかなか埃は取り切れませんので、今は最初のロットを小さくして製造したものは廃棄するようになりました。

 

蒸しのムラを起こすと、茶葉の一部が紅茶のように茶色くなります。これはちょっと飲めません。

その形から「えび」などと云います。これも使い物にはなりません。

 

油臭に似たものに「乾燥不足」があります。

茶製造の最後の工程の乾燥が不十分ですと、油臭に似た匂いを感じることが有ります。

油臭と違うのは茶問屋の仕上げ火入れでこの匂いは無くなることです。

しかし、荒茶のまま秋まで冷蔵庫で保管すれば劣化の原因になります。お茶は何より水分を嫌います。

すぐに仕上げをするものなら良いとはいえ、やはり茶農家の姿勢が気になります。

 

そんな事を1つの審査茶碗のお茶から読み取ってゆきながら、今年も新茶仕入をしてゆきます。 !(^^)!

 

 

 

 

このお茶はどこのお茶でしょう。

島田の初倉のお茶です。

「え、こんなに形状があるの!」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

所謂深蒸し茶産地のお茶でも小さな機械で丁寧に作ればある程度の形状は残せるのです。

細かく千切れたお茶が深蒸し茶と云う事ではありません。

 

今日の朝茶は初倉茶。今年は柔らかなミル芽香がまだ残っています。( ^^) _旦~~

楽しくなってきました。 !(^^)!

 

DSC05249s400.jpg

DSC05250tris400.jpg

 

 

 

 

遅ればせながら、「朝茶」のアップです。

今日も本日仕入れの初倉産のお茶。

芽は少しずつ大きくなり嫋やかな香りは減少するものの、力強い香りとコクが出てきました。 ( ^^) _旦~~

この香りが出てくれば今年の新茶も大丈夫でしょう。!(^^)!

明日・明後日からいよいよ年間物も視野に入れながらの仕入れになりそうです。

 

DSC05248s400.jpg

DSC05246s400.jpg

 

 

 

 

お茶の葉を摘んで農家が製茶したものを「荒茶」といいます。

茶商はこれを仕入れて仕上げと火入を施しさらに美味しいお茶にしてゆきます。

 

今日の朝茶は今日の仕入れの「荒茶」。

島田市初倉地区のお茶です。

「大分味が乗ってきたなあ」「良い香りだなあ」などと毎日違う感想が社員の口から漏れます。

 

早場所初期のミル芽の香りが何とも言えません。 ( ^^) _旦~~

これから炭火で火入れをしてゆきます。 \(^o^)/

 

DSC05241s400.jpg

 

 

 

 

 

手摘みの本山茶をお願いしている内牧の生産家さんを訪ねました。

急斜面の茶園で忙しくお茶摘みの真っ最中です。

ご予約のお客様もうすぐです!! !(^^)!

 

今年は静岡駅地下「喫茶一茶」で「手摘み一煎パック3種セット」500円を発売予定です。

 

DSC05214s400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05183s400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05200s400.jpg

 

摘むには勿体ないくらい小さな茶の芽を丁寧に摘んでゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05189s400.jpg

DSC05211s400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向いの山も急斜面。

茶園右の山桜が摘みごろを告げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7848s400.jpgちょっと記念撮影。

お客様の「足久保のお茶はいつ頃になりますか?」と云うお声に押され足久保に行ってきました。

足久保栗島にある「足久保共同製茶」の茶園です。日除けをした手摘み用の茶園です。

綺麗な芽が出ていました。見るからに美味しそうです。\(^o^)/

 

DSC05156s400.jpg

DSC05151s400.jpg

 

足久保小学校前の茶園です。少し出ていますが、まだまだですね。

DSC05159s300.jpg

DSC05162s300.jpg

 

足久保ティーワークス茶農協前の茶園です。

ここはいつも遅い場所ですが、それにしてもまだだいぶ先になりそうです。

DSC05164s400.jpg

 

足久保の入り口、美和中学前の茶園です。

綺麗な芽が出揃っています。

DSC05168s300.jpgDSC05169s300.jpg

 

足久保も全体的に1週間遅れ。月末からになりそうです。

お楽しみにお待ちください。 !(^^)!

 

 

 

 

今日は静岡茶市場「新茶初取引」の日でした。多くの買い手・売り手で賑わっています。

社長、来賓(県知事、市長等)の挨拶のあと手締めで取引開始です。

これから、いよいよ今年の新茶も本格化します。

 

ご期待ください!! \(^o^)/

 

IMG_20170424_061503s400.jpg

IMG_20170424_070857s400.jpg

IMG_20170424_073632s400.jpg

 

 

 

 

昼間暖かくても夜の温度が低いとお茶の芽伸びはゆっくりです。

ここ数日の茶の芽伸びは牛の歩みのようです。

牧之原からは早生品種が届けられています。「やぶきた」品種はもう間近です。

 

今日の朝茶は「緑峰」(2160円/100g)。( ^^) _旦~~

本山茶と深蒸し茶のブレンドです。このお茶が新茶になるのは4月末最終になりそうです。

当店の新茶はまずは深蒸し茶からになります。

 

DSC05146s400.jpg

DSC05148tris400.jpg

 

 

 

 

お茶のシーズン入りして出回り数量は少なくても

段取りやら問合せやらで忙殺され「朝茶」アップもままならず。

こう云う時こそ、忙中閑。

情熱の一方で冷静さを保たなければなりませんね。

今年も良いお茶を厳選してお届けします。 ( ^^) _旦~~

 

DSC05125s400.jpg

 

 

 

 

今朝、初倉の新茶が市中に少し出回ったので、再度牧の原に行ってきました。

川に面した茶園も少しだけ色づいてきました。

旧初の茶農家さんが早生品種のヤマカイを小さな芽でも刈り進めていました。

この場所で反収300kgは確かに少ないですね。

これからやぶきたも順次出てきます。

 

                        続けて静岡に戻り内牧に行ってきました。↓↓

 

aDSC05062s400.jpg

aDSC05053s400.jpg

aDSC05059s300.jpgaDSC05055s300.jpg

 

[ 内牧 ] 森内さんにお邪魔しました。

さえみどりの綺麗な芽を摘んでいました。今日は摘み手さんも大勢です。今日は「サラメシ」の取材が来てました。(5/1放送)

aDSC05078s300.jpgaDSC05093s400.jpg

 

                           奥様は今日は控えめです。!(^^)!

aDSC05108s300.jpgaDSC05102s300.jpg

 

園主も絶好調です!! \(^o^)/

手摘みやぶきた、もうじきです! !(^^)!

aDSC05124tris400.jpg

 

 

 

 

 

新茶が間近に迫ってきました。

お手紙を差し上げたお客様から、新茶予約のご返事がぞくぞくと届き始めました。

有難うございます。 m(__)m

 

今日の朝茶は、定番「瑞祥」(1080円/100g)。これが新茶に切り替わるのはゴールデンウィーク後半。

当店は本山茶と牧の原深蒸し茶のブレンドになるので他のお店より遅めです。

その前に幾つか走り新茶もご用意しております。

お気軽に試飲にお立ち寄りください。!(^^)! ( ^^) _旦~~

 

昨日、親しくしている茶農家さんに頂いた品種茶の枝木を生け花風に盛りました。

摩利支、さえみどり、牧之原早生、しゅんめい、山の息吹。

店頭にてご覧いただけます。

 

DSC05038tris400.jpg

DSC05039s300.jpgDSC05041s300.jpg

 

 

 

 

夕方、静岡市安倍川支流内牧川沿いの茶園に行ってきました。

早生品種がぼちぼち芽を出しています。ほとんど出て無い茶園もあります。

(今年の天候に際して)条件の良かった茶園は昨年より3日ほどの遅れ、それ以外は1週間以上でしょうか。

 

 

新東名高架下の「山の息吹」               それより少し北の茶園。←より日照時間は短めの茶園。

DSC05018s300.jpgDSC05021s300.jpg

 

世話になっている園主さんに品種の苗木を頂きました。
店頭に飾らせて頂きます。 m(__)m

DSC05023s600.jpg

 

手揉み師範の森内ご夫妻を訪ねました。

静かなので未だ茶園から帰ってないのかと思ったらごそごそ物音が。

隙間から覗いたら手揉みをしている最中でした。

ピンと張りつめた空気感に押されてしばらくじっとしていたら、御主人が気が付いて

「ああ、入っておいでよ、どうぞどうぞ」。遠慮なしに「お邪魔します」!(^^)!

手揉み茶全国品評会出品用のお茶でした。

「今日のは奥さんの方が良いな!」「ほんと!? !(^^)! 」

仲の良いご夫妻です。

 

剣先がスーッと伸びて綺麗に揉めていました。さすが!

DSC05025s300.jpgDSC05027tris300.jpg

DSC05036tris400.jpg

 

 奥様が揉んだ方です。

 良いですね、この剣先。

 私がやると、折れるか釣り針のように

 なってしまいます。(^_^;)

 

ここ3日ほど暖かい日が続いて茶の芽も少しずつ大きくなってきました。

1週間遅れの今年の新茶期もちょっとは早くなったでしょうか。

今晩からの雨を嫌って、今日あたり茶園の幾つかでは少し小さな芽を急いで摘んでいる農家もあるようです。

 

今日の朝茶は、牧の原産「H28大走り新茶」(1836円/100g)。

まろやかな味わいが1年前を思い起こさせます。 ( ^^) _旦~~

今年はどんな大走り新茶が出来るでしょうか!

後10日程で新茶が出ます。

 

DSC05014tris400.jpg

DSC05016tris400.jpg

 

 

 

 

牧之原周辺をざっくり回ってきました。

どこもまだまだ。初倉では「トンネルものを20日ごろに始められれば」と言っていましたがどうでしょう?

1週間以上は遅い感じです。

例年視察に行った時には大抵見られない、中條景昭像の横の桜も綺麗に咲いていました。

 

来週もう一度行く予定です。

本山にも時期を見計らって行ってきます。

 

初倉/谷口付近

DSC04979yaguchis300.jpgDSC04981s00.jpg

 

権現原

DSC04984s300.jpgDSC04986tris300.jpg

 

初倉/阪本付近

DSC04988sakamotos300.jpgDSC04989s300.jpg

 

牧之原大茶園開拓の祖 中條景昭像           そこから大井川を見下ろす北向き茶園

DSC04991s300.jpgDSC04993s300.jpg

 

湯日地区                       牧之原旧国立茶試、県立茶試の中間、六本松付近

DSC05003yubis300.jpgDSC05006kuukous300.jpg

 

空港から勝間田へ下る坂道沿い             八十八夜には間に合って欲しい!

DSC05009katumatas300.jpgDSC05012s300.jpg

 

 

 

 

 

月刊誌「致知」のメルマガ、今日の言葉。

「どんな不幸を吸っても、吐く息は感謝でありますように」

自分の心が空気清浄機に成れってことですかね! 修行です。!(^^)!

 

今日の朝茶は「初倉」(1080円/100g)。

静岡県下でも最も早い方の深蒸し茶産地です。

まろやかな味わいが心を和ませ、疲れた心を洗い流してくれます。 ( ^^) _旦~~

空気清浄機のメンテナンスみたいなものです。

 

来週には初倉新茶が出てきます。

 

今日も明るい1日をお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC04975s400.jpg

DSC04976tris400.jpg

DSC04977tris400.jpg

 

 

3煎目。

 

 

 

 

 

 

 

 

※初倉の新茶出始めが20日ごろということですが、

当店初倉1080円は4月末位の予定です。

天候により変更がございます。

今年も宜しくお願いします  m(_ _)m

昨日、JA静岡市の共販大会があって新茶進捗状況の説明がありました。

何処もおよそ1週間遅れの報告でした。

奥藁科栃沢と中藁科新間の茶園を見てきました。

まだまだ先の様子です。

 

DSC04971cs400.jpg

DSC04972cs400.jpg

 

県経済連の報告では昨年比10日遅れ、平年比1日遅れ(4月5日調べ)でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC04964s400.jpg

 

栃沢に行ってきました。

静岡茶の祖「聖一国師」の生家、米澤さんのしだれ桜も綺麗に咲いていました。

地元の人に言わせると先週より少し色が薄くなったとのことでした。

 

 

 

 

 

DSC04955s400.jpg

 

 

栃沢の茶畑は随所に石で造られた水路が走っています。

先人が一生懸命作られたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC04957s400.jpg

 

茶の芽は想像通りほとんど出ていませんでした。

ゴールデンウィーク明けに始まるのか知らん!?

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC04966s400.jpg

 

藁科の新間にも寄ってきました。

川沿いの桜が綺麗です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC04968s400.jpg

 

ネクトさんの工場裏の茶園の芽も小さい小さいのがちょこっと顔を出していました

昨晩は寒気が南下して北関東北部より北では冷えたところもあったようです。

南関東以南は難を免れて遅霜被害は無かったようですね。

これからしばらくは最低気温の動向にヒヤヒヤする日が続きそうです。

 

今日の朝茶は本山茶の1番茶終盤のお茶(梅ケ島、奥藁科ブレンド)。

600円クラスのお茶のブレンドに使います。

単品でも山茶の香り、味わいが良好です。 ( ^^) _旦~~

 

心も口中も爽やかにして1日を始めましょう。 !(^^)!

 

DSC04951tris400.jpg

 

定番商品ではありませんが、ご連絡頂ければご用意致します。

m(・・)m 宜しくお願い致します。

054-252-1955 0120-02-1955 FAX054-252-0988

 

 

 

久し振りにお日様が顔を見せています。

陽の光を体に浴びるのは良いですね。体が浄化されるような気持ちになります。

心も温かくなりますね!

 

今日の朝茶は「清風」(864円/100g)。

穏やかなうま味が硬くなりがちな気持ちをほぐしてくれます。 ( ^^) _旦~~

 

穏やかな気持ちで1日過ごせますように。 !(^^)!

 

DSC04948s400.jpg

DSC04950tris400.jpg

 

 

 

 

先日スペイン国王王妃殿下が来静の折、お茶をお出ししたら逆にリクエストで抹茶入玄米茶を所望されたとか。

どちらかで飲まれたご経験があったんでしょうね。

ヨーロッパの方にも炒り米の香ばしい香りは好まれるのかな?

 

そこで、今日の朝茶は「抹茶入玄米茶八重錦」(324円/100g)

朝茶530回の中で初めての玄米茶です。!(^^)!

炒り米の香ばしい香り、まったりと云うには薄目の抹茶がやさしい味わいを醸し出してくれます。 ( ^^) _旦~~

 

外は雨でも、心は日本晴れ。今日も元気で楽しくいきましょう!!

 

DSC04944tris400.jpg

DSC04947tris400.jpg

南の方から新茶の便りが寄せられてきます。

今年は全国的に約1週間遅れの出回り予想。桜も筍も遅い春です。

週末には天皇皇后両陛下とスペイン国王王妃陛下が御来静下さいました。

徳川ゆかりの浮月楼でゆっくりとした時間を楽しまれたご様子。

その際に王妃が水出し煎茶とハリオのフィルターインボトルに興味を示されてとか。

スペインにも日本茶が広まるのでしょうか! !(^^)!

 

さあ今日も一杯のお茶をゆっくり味わって、背骨をシャンと立てて充実した1日を始めましょう。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04943tris400.jpg

 

 

 

 

津店の取扱い茶は静岡県産ですが、卸向けのお得意様から「どうしても新茶を間に合わせてほしい」との

ご依頼を頂いて急遽種子島の「松寿」と云う品種茶を1Kgだけ仕入れ。

先ずは本年「初新茶」と云う事でご先祖様に御報告。そのあと家族で相伴にあずかりました。

濃厚なうま味が乗った味わい深い新茶でした。 ( ^^) _旦~~

 

静岡県産ももう少しで新茶です。 \(^o^)/

 

DSC04936tris400.jpg

DSC04937tris400.jpg

 

 

 

 

天皇皇后両陛下がスペイン国王夫妻をお招きして静岡に行幸される。

スペイン国王ご夫妻の来日は、日本スペイン友好35周年を記念してのご訪問。

今回静岡に来られるのは、400年前スペイン国王から徳川家康公に贈られた時計を見学するのも目的の一つ。

徳川ゆかりの浮月楼で寛がれる。

 

周辺は一昨日から警備の予行練習やらでピリッとした雰囲気だったようです。

今日1日無事にお過ごし頂ければ幸いです。

 

因みに1930年、昭和天皇が行幸された静岡駅前から市役所にかけての通りは御幸通りと名付けられています。

浮月楼の前の通りは何と云われるようになるのでしょう? !(^^)!

 

また、この年聖一国師に「神光」の諡号がおくられました。

2年後、1932年国師没後650年を記念して「聖一神光国師」の碑が生家の栃沢に立てられています。

 

今日の朝茶は「梅ケ島」(1080円/100g)。

新茶期より花のような香りが少し増して、味わいも角が取れて落ち着いた風情を醸し出しています。 ( ^^) _旦~~

今日も1日、お元気でお過ごしください。

 

左が1煎目、右が2煎目。見た目ではあまり分からない? (^_^;)

DSC04935trics400.jpg

 

 

 

 

今日は朝から「駿府本山お茶まつり委員会」の事務局が会計監査依頼に見えました。

これで前年事業の締めになります。

総会を経て、新しい事業がまた始まります。

「本山茶」がもっともっと認知されてゆくように頑張りたいと思います。!(^^)!

 

今日の朝茶は、初倉の2番茶。夏のお茶の香りが特徴です。

丁寧に淹れればうま味も感じられ渋味も少なく美味しく頂けます。 ( ^^) _旦~~

因みに、お盆の外の審査茶碗は2煎目。

 

DSC04925tris400.jpg

DSC04926s400.jpg

 

 

 

 

農協の方が挨拶に見えて、茶園の様子を教えてくれます。

静岡県では早場所になる島田市の初倉地区では、早生品種が1週間くらい遅いものの

”やぶきた”はそれほど遅くは無く昨年に近いとの事です。

一度茶園回りをしたいと思います。

 

今日の朝茶は「足久保」。

低い温度でゆっくり淹れてみました。足久保独特の苦みも少なめ、穏やかな味わいです。 ( ^^) _旦~~

 

今日も気持ち良く1日を始めましょう! !(^^)!

 

DSC04889s400.jpg

湯を注ぐ前                      1煎目後

DSC04888s300.jpgDSC04890s300.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2煎目後                       3煎目後

DSC04891s300.jpgDSC04892s300.jpg

 

 

 

 

良い天気になりました。

朝6時半には、陽はすでに目の高さより大分上に昇っています。

直射日光が頬に当たり暖かく感じられます。

二十四節気「清明」。春の日差し強く天空清く晴れ渡るという意味で清明と云う。

いよいよ植物が活発に動き始めます。

 

今日の朝茶は「奥藁科」静岡市に合併前の旧清沢村大川村のお茶です。

まっすぐに伸びた形が清々しい。

急須に茶葉を入れただけで既にもう香りが立ってきます。

60℃に冷ました湯を注げば次第に茶葉がほぐれて開いてゆきます。

 

1分20秒ほど、茶葉の開き具合を見計らって注いでゆきます。

水色は薄いけれど濃厚なうま味。

ミル芽の爽やかな香りと熟成した重厚な香りがハーモニーを奏でます。 ( ^^) _旦~~

 

今日も清々しい1日をお過ごしください。 !(^^)!

 

DSC04881s400.jpg

DSC04882s300.jpgDSC04884s300.jpg

DSC04885ctris400.jpg

 

 

 

 

4月はお茶屋にとって正月のようなものです。いよいよお茶シーズンです。

今年は2,3月の冷え込みがひどく4月に入っても藁科川から粟根に抜ける峠辺りは雪が降りました。

昨年より1週間ほど遅れている模様です。市内の桜もやっと咲き始めたくらいです。

生産は短期間に集中しそうです。

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)。

多めの茶葉でゆっくり目に淹れると濃厚なうま味が出ます。 ( ^^) _旦~~

今年も美味しい新茶をご期待ください。

 

DSC04876s400.jpg

DSC04877s400.jpg

 

 

 

 

4月は新茶時期、お茶屋にとっては新年のような気持ちです。!(^^)!

今日は休みなので店を開けて店番しながら事務仕事です。

1日はお茶の日でもあるのでお客様には一煎パックをプレゼントしています。良かったら来てね! 

 

今日の朝茶は ” 香り緑茶の試作品さやまかおり1番茶 ” 。

優しい花の香りが広がります。 ( ^^) _旦~~

 

DSC04873tris400.jpg

 

 

 

 

homepage_bnr.gif

最近のコメント