2017年9月アーカイブ

「平凡な毎日が過ぎてゆきます。」

と、言っているほど人生長くありません。

 

「明日死ぬかのように生きなさい!」とはガンジーの有名な言葉。

続けて、「永遠に生きるかのように学びなさい」とも。

 

日々新たに、日々勉強です。

 

今日の朝茶は「水琴(すいきん)」(1296円/100g)。

当社鈴木にブレンドさせた「天翠」と値段がかぶりますが、お味は微妙に違います。

まろやかな感じの天翠より少し輪郭のはっきりした香味です。 ( ^^) _旦~~

 

一杯のお茶で頭をすっきりさせて、今日も張り切ってゆきましょう。 \(^o^)/

 

DSC06529tris400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06530tris400.jpg

 

 

 

 

 

 

先日のオーストラリアからのお客様、静岡市内のお茶の試飲をして頂きました。

足久保、梅ケ島、中藁科、清沢、と牧の原。

2人とも梅ケ島が良いとおっしゃいました。

矢張り、香りのはっきりと感じられるものが良いのでしょうか。

 

次に梅ケ島を60℃と90℃で淹れて飲み比べをして頂きました。

「なるほど、これだけ味が変わるんだ!」という表情。

奥様がお茶好きのご自宅には複数の温度設定が出来るポットのようなものがあるとか。

これからは工夫しながら日本茶を飲んで頂けることでしょう。

 

今日の朝茶は「梅ケ島」(1080円/100g)。 ( ^^) _旦~~

strong and thick と言えばいいのでしょうか?

英語勉強したほうが良いでしょうか!? (^_^;)

 

今日も元気にお過ごしください。\(^o^)/

 

DSC06522tris400.jpg

DSC06524tris400.jpg

 

 

 

 

お茶の組合では1年に1度、健康診断を実施しています。

当社も参加。私も出掛けました。

朝ごはんを一杯食べてしまったので、どうも血糖値が少し出てしまった模様。(^_^;)

いつも気になるのは眼の具合。

目頭を押さえたり上下左右に目の運動したりした結果、昨年より好成績。良くなってしまいました。

右0.6、左1.0. !(^^)! 今の所、車の運転も裸眼で大丈夫!

 

健康は至福の基礎ですね。

 

今日の朝茶は「青嵐(せいらん)」(648円/100g)。

うま味と渋みのバランスが良いですね。 ( ^^) _旦~~

今日もお茶を一杯飲んで元気いっぱいです。

 

今日も1日朗らかにお過ごしください。 !(^^)!

 

DSC06517tris400.jpg

DSC06519tris400.jpg

 

 

 

 

昨日の朝茶は内牧杉本晴一さんちのさえみどり。

今日は同じく内牧の森内吉男さんちの手摘みやぶきた。

2人は内牧の両巨頭と云って良いでしょう。いや、全国レベルで行っても引けを取らない。

本年全国茶品評会で森内さんが1等3席に入賞したことが証明しています。!(^^)!

 

2人からは当たり前にお茶を仕入れ当たり前に茶手揉みの指導を受けていますが、

よくよく考えれば「有りえない」有難いことです。

有難うとは当たり前でないから有難うなのだと前に何処かで教わりました。

 

あらためて今日の朝茶。森内さんちの「手摘みやぶきた」

「ち」とは「家」の意味で、お茶作りには家族の支えが必要なことを言いたかったから。

森内さんちは文字通り夫唱婦随のおしどり夫婦。二人のぴったり合った息が高品質のお茶を作り出します。

不肖の私も見習いたいと思っている。

 

新茶の時より大分角が取れて飲み頃になってきました。

1煎目はまろやか、3煎目も心地よい渋みが喉を通ってゆきます。 ( ^^) _旦~~

 

今日も皆様、仲良くお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC06514tris400.jpg

DSC06516tris400.jpg

 

 

 

 

今日はオーストラリアから2人のお客様が工場見学にいらっしゃいました。

クルーズ船が清水港に立ち寄っていくつかのプログラムの中からお茶を選んでこられました。

英語が苦手な身としては、通訳ボランティア同行して下さるので心強いです。(しかも日本茶アドバイザーさん)

 

1時間程と云うことでしたので、いつもより端折り気味にウェルカムティー、工場見学、手仕上げ再製デモ、

テイスティング(産地のお茶、淹れ方の違いによる味の違い2種)を体験して頂きました。

 

手仕上デモが面白かったらしくもう一度工場へ引き返して箕の操作を体験して頂きました。

お茶に興味を持って頂ける方が増えるのは嬉しいことです。 \(^o^)/

 

DSC06512cctris600.jpg

 

 

 

 

今日は工場見学のお客様がいらっしゃるのでこれから準備です。

どの辺を見て頂こうか、お客様の興味次第です。!(^^)!

 

今日の朝茶は「手摘み内牧さえみどり(杉本晴一作)」

60℃で淹れて濃厚なうま味を愉しみました。 ( ^^) _旦~~

2煎目にはさえみどりの香りがさらに引き立って柔らかな雰囲気が漂います。

 

今日も清々しい1日をお過ごしください。 !(^^)!

 

DSC06505tris400.jpg

DSC06507tris400.jpg

 

 

 

 

当店は静岡市内安倍川藁科川流域の本山茶(ほんやまちゃ)を主に扱っています。

安倍川筋と藁科筋で香味が微妙に違い、中流と上流でも違います。川の左岸と右岸でも変わります。

その中でも多くの皆様にご指示を頂いているお茶。

「天下人」(1404円/100g)。

徳川家康公が御用茶園として庇護した、静岡市内足久保地域のお茶だけを仕上火入れしたものです。

足久保茶は安倍川中流から入る支流足久保川流域のお茶。川を遡れば標高600m近くになります。

 

味香り共に優れ、秋になると少し熟成した感じが加わってきます。

今日の朝茶は久し振りに「天下人」 ( ^^) _旦~~

 

今日もお元気でお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC06492tris400.jpg

DSC06494tris400.jpg

 

 

 

 

昨日は牧之原に行ってきました。

農研機構果樹茶業研究部門(旧国立茶業試験場)の一般公開日の見学と

茶業研究センター(旧静岡県茶業研究所)で開催された香り緑茶の試飲会参加でした。

 

数年の試行錯誤を経て、現在の「香り緑茶」は2時間ほどの間に5分間の撹拌3回行い

15℃の室内で12時間静置してから通常の蒸し煎茶製造に掛ける方法になっています。

 

撹拌作業は結構重労働なのでコンテナの茶葉を丸胴の撹拌機に送ってまた保管機に戻します。

これを繰り返す作業機です。

 

山間部では昔は普通にこれが行われてきました。

昼間に摘んだ茶葉を茶部屋に広げ、熱がこもらないように何度か手でひっくり返します。

山の5月の夜温はちょうど15℃位。人手があれば設備が無くてもできる作業です。

但し、天候の具合で毎日夜温が15℃と云う訳にはいかず、しっかりと再現性を確保する

ためにはこの様な大掛かりな設備の導入が必要になります。

 

帰りに茶葉を頂いてきました。

つゆひかりの4茶芽ですから品質はおのずから知れています。

微かながら萎凋した際の香りが出ています。

 

家で、電子レンジでチン、取り出してモミモミ。これを数度繰り返しました。

硬葉ですから揉み切れず、逆に広げて乾燥させました。

 

今日の朝茶は「香り緑茶試作品もどき」。

それなりに美味しく頂きました。 ( ^^) _旦~~

お茶の可能性が広がります。

 

数年後には日本茶AWARDに香り緑茶が登場するかもしれません。 \(^o^)/

 

 

DSC06469s400.jpg

丸胴型の撹拌機

DSC06472s400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生葉コンテナ。

ここから撹拌機に茶を送ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06475s400.jpg

 

また、コンテナに戻します。

これを3回繰り返します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06478s400.jpg

 

試作品の試飲です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06482s400.jpg

 

頂いた生葉。

茎を取って電子レンジへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06485s400.jpg

 

こんな風に出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06488s400.jpg

 

微かな萎凋香。

うま味は薄いです。

 

 

 

 

 

抜けるような青空です。 \(^o^)/

気持ちが良いですね。

自然食べるものも美味しく感じます。

梨も葡萄も食べごろです。

秋刀魚の無いのが寂しいです。(^_^;)

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)。( ^^) _旦~~

 

清々しい気持ちで1日をお過ごしください。

 

DSC06452s400.jpg

 

 

 

 

台風が近づいてきたと思っていたら、おかしなものまで飛んできました。

ある種の心構えをしておかなければ成らない時代局面になったと云うことでしょうか。

 

取敢えず、茶を飲んで平常心を心掛けましょう。

 

今日の朝茶は「秋の葉いろどり」(1080円/100g)。

少し強めの火入れをしたお茶をブレンドしました。

ほんのり香ばしい香りがお菓子を一層美味しくしてくれます。 ( ^^) _旦~~

秋期限定のお茶です。是非どうぞ!

 

今日も1日お元気にお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC06449tris300.jpgDSC06450tris300.jpg

 

 

 

 

お茶屋でもいろんな方からお茶を頂きます。

娘が集まりで戴いてきた安倍奥井川、標高1000m程の茶園のお茶。

安倍奥と言っても流域的には大井川の上流です。

昔は仲買商とかがいて、井川や清沢のお茶が川根茶になったり川根茶が清沢茶になったりした時代もあります。

 

今日早速「朝茶」で飲んでみました。

うま味は濃厚では無いものの2煎目3煎目も雑味感なく苦味も薄く心地良い渋み。 ( ^^) _旦~~

懐かしい昔のお茶、といった感じでした。

こういうお茶もほっとします。

 

今日も1日明るく元気にお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC06405tris400.jpg

DSC06406tris400.jpg

 

 

 

 

爽やかな朝です。\(^o^)/

湿度が低いと長野県の高原に居るような気分です。

梨やぶどうも美味しいですね。良い季節です。

 

今日は深蒸し茶の仕上げをすることもあって、朝茶も深蒸し茶。「牧の原」(1296円/100g)です。

茶葉15g、湯330cc70℃、50秒浸出。1煎目から急須を2,3回廻して淹れてみました。

まろやかな甘みが広がります。 ( ^^) _旦~~

 

今日も心ワクワク楽しくお過ごしください。 !(^^)!

 

DSC06396tris300.jpgDSC06398tris300.jpg

 

 

 

 

先日京都へ行った際に日本茶インストラクター仲間から頂いた貴重なお茶。

和束産の新品種「鳳春」。

まだ面積が僅か( (^_^;) )なので出回りが少ないが、もうすでに注目を集めている品種とのことでした。

ギュッと細くは揉み込んでありません。渋みを出さずにうま味のお茶を求めてのこの揉み方でしょう。

 

今日の朝茶はその「鳳春」。

煎茶と思って頂いたので、何日被せたか訊き逃しましたが

穏やかな覆い香と濃厚なうま味たっぷりのお茶でした。 ( ^^) _旦~~

 

全国で良いお茶作りに励んでいます。静岡も負けずに頑張ります。

 

今日も一日健やかにお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC06377tris400.jpg

DSC06378s400.jpg

 

 

 

 

金土日の日本茶AWARD京都1次審査が無事終わって束の間、日曜日は静岡市手揉み茶講習会でした。

暑い中、ホイロを8台並べて皆で揉んでゆきます。

久し振りの手揉みで腰が疲れました。

生葉は本山奥の生産家の全国茶品評会入賞茶の畑の少し遅れて刈った茶葉を使いました。

葉は大きめながら内容が充実しているので初期段階、葉振では手にべとべと纏わり付きました。

 

今日の朝茶はその手揉み茶。

濃厚で爽やかな甘みが心地良いです。 ( ^^) _旦~~

 

DSC06373s400.jpg

DSC06375tris400.jpg

DSC06214s400.jpg

DSC06372tris400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まっすぐに伸びた茶芽あり、

ヘヤピンのように曲がってしまった茶芽ありです。

お茶は心をホッとさせてくれる飲み物です。

茶の中に含まれるテアニンというアミノ酸成分がそうさせてくれると云われます。

それも一つでしょう。

それに加えて香りの成分、湯の温かさ、湯呑みから伝わるぬくもり、それらが総合的に五感に感じ取られているのでしょうね。

茶を愛で、器を愛で、花を愛で、月を愛で、風に任せて心を遊ばせる。

そんな一時をお過ごしください。

 

中秋の名月は10月4日。日本茶インストラクター静岡県支部では県庁最上階展望ロビーでお月見茶会を計画中です。!(^^)!

 

今日の朝茶は本山茶1番茶終盤のお茶。

ミル芽感はありませんがバランスの取れた香味は身体をほっとさせてくれます。 ( ^^) _旦~~

青嵐などのブレンド用です。

 

DSC06148tris400.jpg

DSC06149tris400.jpg


 

 

今日は深蒸し茶の火入れ仕上。

新茶時期より火入の加減を少し強めにしています。

食欲の秋、秋の茶のほのかな香ばしさが美味しいお菓子をさらに引き立てます。

 

今日の朝茶は「緑峰(りょくほう)」(2160円/100g)。

淹れ方で香味も変わります。

社員も普段自分がイメージしている香味と違うと「え、ホント!?」と驚きます。!(^^)!

 

今日は60℃300ccの湯、茶葉15g、1分10秒浸出。揺すらずに1煎目。

2煎目は65℃、30秒位で急須を2,3回廻して淹れてみました。

1煎目はうま味にアルギニンの味が加わって4月のミル芽の茶の味わいが出ています。 ( ^^) _旦~~

2煎目はオリも加わってまろやかな感じに。 ( ^^) _旦~~

 

皆様も楽しいティーライフをお楽しみください。 \(^o^)/

 

DSC06143tris300.jpgDSC06144tris300.jpg

DSC06145tris400.jpg

 

 

 

 

9月に入って急に涼しくなりました。お茶の美味しい季節です。

涼風が立つと、注文のお電話も少しずつ増えてきます。

 

社内も秋の需要期に向けて準備を進めます。

減ってきたお茶の仕上と合組の段取り、秋向け商品企画等々...。

仕事にも気合が入ります。\(^o^)/

 

今日の朝茶は内牧杉本さんちの手摘みやぶきた。

上品な香りと透明感のある味わいです。 ( ^^) _旦~~

 

今日も素敵な1日をお過ごしください。

 

DSC06138tris400.jpg

DSC06139tris400.jpg

DSC06141tris400.jpg

 

 

 

 

土日、日本茶AWARDと云うお茶の審査会1次審査と日本茶インストラクター協会全国支部長研修会が

立て続けにあって忙しく過ごしました。

どちらも日本茶の将来を切り開くための大事な取り組みです。!(^^)!

来週は京都で、再来週は静岡でもう1回審査会。9月から11月は土日がやけに忙しいです。

 

今日の朝茶は「青嵐(せいらん)」(648円/100g)。落ち着いたうま味と渋みが体を元気にしてくれます。 ( ^^) _旦~~

 

週初めの月曜日、既にお茶の注文も入っています。今日も張り切っていきましょう。 \(^o^)/

 

DSC06136ctris400.jpg

 

 

 

 

急に涼しくなりました。と言っても静岡の最低気温は22.7℃。湿度が低い分爽やかに感じます。

今年は秋の訪れが早いのでしょうか。

 

涼しくなるとお茶の荷動きが活発になります。

月替わりの初日、気持ちも新たに入れ替えて頑張りましょう。

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)。 ( ^^) _旦~~

朝茶で七難避けて、今日も元気にゆきましょう! \(^o^)/

 

DSC06125tris400.jpg

 

 

 

 

homepage_bnr.gif

最近のコメント