[ 今日の朝茶659 ] 閑

| コメント(0)

師走を控えた月末何となく気忙しいですね!

明日から3日間渋谷ヒカリエで「日本茶AWARD2017」のイベントがあります。

全国から選ばれたお茶が集結し一般審査員の審査を受けます。

どの様なお茶が評価されるのか楽しみです。

 

という訳で、今日は月初めの準備も含めていろいろです。

 

今日の朝茶は「駿府本山茶/牧之原深蒸しブレンド」

うま味と渋みのバランスが良いですね! ( ^^) _旦~~

 

忙中閑、我を忘れず仕事をこなしましょうか!

因みに閑とは暇とか落ち着いたというだけでは無く、もっと深く自分を見つめることみたいです。

※石川啄木・・・いい文章ですね。

(「閑天地」は実に閑天地なり。※(「蜩のつくり+鳥」、第3水準1-94-62)やてう※雲とんうん[#「轍」の「車」に代えて「木」、U+3BD9、55-上-3]に舞ひ、黄牛の草に眠るが如し。又春光野に流れて鳥初めて歌ひ、暮風清蔭に湧いてひぐらしの声をすが如し。未だ許さず、生きんが為めにのみ生き、行かんがためにのみ行くが如き人の、この悠々の世界に入るを。啄木、永く都塵に埋もれて、旦暮たんぼ身世しんせい怱忙そうばうに追はれ、意ならずして故郷の風色にそむくうちに、身は塵臭に染み、吟心またつかれをおぼえぬ。すなはここしばらく閑天地を求めて、心頭に雲を放ち、胸底に清風を蔵し、高眠安臥、興を暮天の鐘にさぐり、思を緑蔭の流光に托し、風鈴に和して吟じ、雨声を友として語り、この夏中百日を暢心ちやうしん静居の界に遊ばんとす。我がなつかしき故山の読者よ、卿等けいらし胸に一点の閑境地ありて、忙中なほ且つ花を花と見、鳥を鳥と聴くの心あらば、来つてこのらちもなき閑天地に我みちのくの流人と語るの風流をいなむなかれ。記してこの漫録百題のはしがきとす。)

 

DSC07225s400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 右下は2煎目

コメントする

homepage_bnr.gif