[ 茶の便り2018 5/5 ] 拝見場

| コメント(0)

「『拝見場の汚いお茶屋には茶を売るな』と言われている」とは昔、市内の斡旋業者さん(才取り)から聞いた話し。

そう云うところにお茶屋の仕事に対する姿勢を見ているのでしょう。

それ以来、出来る限り拝見場をきれいに保つようにしていますが、忙しくなるとつい散らかし気味になります。(^_^;)

でもそれは、頭の中が整頓できなくなる前兆でもあります。

身の回りを常に片付けておけば気持ちもすっきり、仕事の効率も良くなります。 !(^^)!

 

綺麗にしたら、お茶の拝見です。

八十八夜の新茶、足久保、清沢、大川などを並べてテイスティングです。

どれも綺麗な薄黄色の水色です。 \(^o^)/

味香りとも少し薄めですが、どれも本山茶の良い香りです。

 

八十八夜新茶、定番売れ筋「瑞祥」(1080円/100g)を発送し少しほっとしています。

これから500円売りの煎茶や茎茶が待っています。

まだまだ、終わりません。 !(^^)!

 

DSC08823tris400r.jpg

DSC08824s400r.jpg

DSC08826s400r.jpg

 

 

 

 

コメントする

homepage_bnr.gif