[ 2018茶の便り 12/21 ] 淹れ方:温める

| コメント(0)

fbfriendの投稿に触発されてちょっと実験。

「あとから熱い湯を足して温かいお茶を作るのは有りか?」

 

① まず審査茶碗に茶葉4gをいれ、湯を180cc、60℃を二つ作ります。

DSC00155tris300.jpg

DSC00156tris300.jpg

 

②右側に180cc全部、左側に半分ほどを淹れて1分待ちます。  ③1分経ったらお茶を上げます。

DSC00158tris300.jpgDSC00159tris300.jpg

この時、湯温は左側 52℃  右側 55℃くらいでした。

④左側に右と同じ水準まで熱い湯を入れます。

 左側の湯温は67℃くらいになりました。

DSC00160tris300.jpg

右はまったりとした感じの香味、左はきりっとした感じの香味になりました。

香りは左のほうが立っていい感じでした。

しばらく置いて冷め水で飲むと左側がオリから出たのか少し渋みが増して感じられました。

今回は深蒸し煎茶で遣ってみましたが、これもありかなと思います。特に熱いお茶を所望されたときに!

 

皆さんも試して感想をお聞かせください。 !(^^)!

 

コメントする

homepage_bnr.gif