2019年3月アーカイブ

鹿児島から新茶のごあいさつで品種「松壽」のサンプルが送られてきました。

寒の戻りや、悪くすると霜害などで新茶出回りの早い遅いが微妙に揺れ動きますが

概ね平年より2,3日早め。異常な早さだった昨年に比べると1週間近く遅くなりそうです。

 

松壽は濃厚なうま味が感じられますが、昨年より少し薄めでしょうか。

芽もちょっとだけ不揃いでした。

でもさすがに走り新茶だけあって、湯呑に浮かぶ毛茸(もうじ/産毛みたいなもの)が沢山確認できます。

 

これから、新茶シーズンが始まります。 \(^o^)/

 

DSC00607tris300.jpgDSC00608tris300.jpg

 

 

 

 

ここ3日ほど所用が重なり慌ただしく過ごしておりました。久し振りの朝茶のアップです。

 

昨日は25年間関わった日本茶インストラクター協会の総会で無事に副理事長の任を解いていただきました。

肩の荷が下りたというよりも自分が出来なかったことを次代の方にお願いし引き継ぐということで

行く末を気にしつつ、新しい理事さんたちの活躍を大いに期待するところです。 \(^o^)/

 

「過渡期論」時代は常に過渡期である。マルクス主義理論を毛沢東なりの言い回しをしたものです。

社会主義とは一切関係なく、矢張り時代は常に変化していると思います。

振り返れば20世紀から21世紀への移り変わりの頃、確かに変化の予兆がありました。

そして平成から新元号に変わる今この時も10年後に見れば変化していたと感じるのでしょう。

 

かすかな今日の変化を敏感にかぎ取って明日のためのことをする。

そんな感性を磨ければいいと思うこの頃です。

 

今日の朝茶は、「内牧森内吉男さんの手摘みやぶきた」

美しい茶葉からじわじわと出るうま味を下に広げるようにゆっくりと杯を傾けます。

繊細でしかも力強い香味が口中に広がります。 ( ^^) _旦~~

贅沢なひと時ではあります。

 

今日も1日、充実した時間をお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC00604tris300.jpg

DSC00606tris300.jpg

 

 

今日は町内会の総会、明日は日本茶インストラクター認定賞授与式。それぞれ区切りの日です。

特に日本茶インストラクターの方は20期生ということで丸20年の区切りになります。

イチローの4000本安打ではないですが数字自体に意味はなく19の後で21の前というだけなのですが

矢張り「よくここまで来たなあ!」という感じです。

協会自体は ” 常に過渡期 ” と認識して前進していって頂ければ幸いです。

 

今日の朝茶は「萌水」(540円/100g)。

食事時に合うお茶です。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、お元気でお過ごしください! \(^o^)/

 

DSC00597tris400.jpg

 

 

 

 

今日は春分の日。墓参は彼岸の入りの日に済ませたので、会社は休みですが店は開けて店番です。

小雨が降って、しっとりとした空気感。心も穏やかに平和です。

 

今日の朝茶は富士宮の1番茶。

この地域のお茶はテロワールらしきものを感じないので品種特性、製造良否がそのまま感じられます。

6gの茶葉、65℃170ccの湯で約1分。

苦みは少なく適度な渋みと濃厚なうま味が感じられました。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、ご先祖様に感謝しながら充実した日をお過ごしください。 (^O^)/

 

DSC00592tris300.jpgDSC00594tris300.jpg

 

DSC00595tris400.jpg

 

 

 

 

昨日は静岡大学の留学生さんでイタリアから来た方がみえました。

暫し話をして(対応は私でない)お茶を買っていかれました。

 

今日はドイツからの観光客でカップルがお見えになりました。(今日の対応は私と妻)

とてもお茶好きな方で渋めのお茶、マイルドなお茶、お抹茶と所望されたので

順番に出しました。

語学が不得手なので、妻と2人で思いっきりブロークンで対応しました。

なんとか通じて4種類のお茶をお買い求めいただきました。 !(^^)!

 

帰り際に「Gute Reise」と送り出しました。

やっぱり英会話の勉強しなくてはいけませんかね。 (^^;)

 

年間を通じてお茶の品質を一定に保つものお茶屋の仕事です。

単品(シングルオリジン)のお茶を楽しんで頂くのも良いのですが

「1000円のお茶ください」と言って当店を信じてくださるお客様を裏切らないように心がけるのも

とても大切なことです。

 

とは言え、端境期になるとブレンドするお茶の一部が無くなります。

新たなお茶を加えてお茶の香味を整えるのが大事な作業になります。

何度か試作をして納得する合組にたどり着きます。

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)。

定番のお茶ですが、否、定番のお茶だからこそお茶の味がぶれないように気を遣います。

今日はHARIOの秤に載せて茶葉11.9g、湯量240.6gで淹れてみました。 !(^^)!

良い香味に納得です。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、爽やかにお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC00588tris300.jpg

    茶葉11.9g                    +湯で252.5g(湯240.6g)

DSC00589tris300.jpgDSC00590tris300.jpg

 

DSC00591tris300.jpg

 

 

 

 

「春眠不覚暁」(春眠暁を覚えず/未だ眠いと思っていたらもうこんなに明るい、春になったのだなあ。)

眠い季節のことを詠ったのではなく、いつの間にか春が来たのだなあという驚きと喜びをうたったという解説に

成程と思いました。

”もうすぐ春ですねえ~♬”というワクワク感も含まれているのかもしれません。

 

いつまでも眠い目をしてる訳にもいきません。 (^^;)

そう言えば、ラジオ体操の時間には太陽も随分上に昇っています。

 

今日の朝茶は「水琴」(1296円/100g)。

ハサミ刈り初期のミル芽とコクのあるうま味が好いですね! ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、ワクワク感でお過ごしください! \(^o^)/

 

DSC00584tris300.jpgDSC00585tris300.jpg

 

 

 

 

 

春の選抜高校野球大会は私の母校はもとより静岡県代表の出場がありません。

そこへ、第一TVで静岡県出身者の話題。神奈川県桐蔭学園の森キャプテンは静岡市清沢小学校の出身だとか。

「清沢」と言えば当店の本山茶の仕入れの中でも一番古くからの産地です。

私も子供のころから親しんだお茶です。

今年は桐蔭学園を陰ながら応援しましょうか。 !(^^)!

 

今日の朝茶は清沢もブレンドされている「瑞祥」(1080円/100g)。

茶は多めで少し濃厚に入りました。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、気合を入れて頑張りましょう! \(^o^)/

 

DSC00583tris400.jpg

 

 

 

 

今朝のBSでラーメン「饗 くろ喜」の放送の中で、ご主人の弁。

「美しさの中から美味しさが生まれる。」

まずは掃除から。

そして食材も調理も盛り付けも。 !(^^)!

 

仕事場もあっという間に散らかります。

特に紙類は厄介です。保管しようか捨てようか。殆どは断捨離が正解です。

捨てがたいものの基準は自分にとっての歴史に残るもの。これは纏めてダンボール箱へ。

いざとなったら探せます。それまでは目の前にないほうが仕事の効率が良いですね。

 

美しい環境、その中からいい仕事、美味しいお茶が生まれます!

 

今日の朝茶は「瑞祥」(1080円/100g)。

昨日の青嵐と同じ淹れ方で。

コクはやはりこちらが勝ってます。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、すっきりした環境で気持ち良く過ごしましょう! \(^o^)/

 

DSC00580tris300.jpgDSC00582tris300.jpg

 

 

 

 

3月は、各種団体の役員会や総会が立て込んでますね。

何れも新年度に向けての準備が進んでいます。

私の関わる団体では県・市の茶商工業協同組合、全国・県・市の日本茶インストラクター協会、県・市の茶手揉み保存会、町内会です。

総会資料を見ると1年間の足跡が思い起こされます。

 

今日の朝茶は「青嵐」(648円/100g)。

茶葉10g、湯量270cc湯温70℃、浸出時間1分15秒。

2煎目75℃、15秒。

このくらいの茶葉量なら渋くならずに済みます。濃さも適度で美味しく入りました。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、充実した時間をお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC00578s300.jpgDSC00579tris300.jpg

 

 

 

 

急須にはよく見ると細かな工夫が施されています。

注ぎ口は取っ手と90℃ではなく少し手前側にあります。

手首を返したとき無理なく湯呑みに注ぐことができるためです。

注ぎ口の先端も少し斜め内側に切ってあります。

 

いろいろなモノや道具も「なぜここに穴が開いているのか、何故ここが変形しているのか」など考えると

そこには理由があるものです。

そんなことを考えながら日ごろ使っているものを見るのも楽しいものです。 !(^^)!

 

今日の朝茶は「熟成本山茶」(1080円/100g)。

茶葉の量を半分近くにして淹れてみました。

薄目ながら、良い味わいのお茶になりました。 ( ^^) _旦~~

一つのお茶でも、「こんな風に淹れればこんな味になる。こう淹れればこういった香味になる」

といった説明をするのが親切なのでしょうね。

 

今日も1日、好奇心いっぱいでお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC00567tris300.jpgDSC00570tris300.jpg

 

 

 

 

お茶にヤクルト混ぜると美味しいという方がいたので試してみました。

「お茶のマリアージュに懐疑的なお前が遣るか!」とどっかから突っ込みが入りそうです。(+_+)

それはさておき、

8個の茶碗をよういしました。

左4個は深蒸し茶、右4個は普通煎茶、上4個は200ccの湯に対して茶葉6g、下4個は12gで濃いめ。

同じ条件のお茶をそれぞれ2個ずつ作りました。(100cc弱)

それぞれに左側はヤクルト大さじ1杯。右は2杯です。

 

DSC00559s300.jpgDSC00560s300.jpg

 

DSC00562s300.jpgDSC00564s300.jpg

濃い目に作ったものはどれも茶の苦みが勝ってダメでした。

                       薄目(上段)の中では深蒸しは右(2杯)普通煎茶は左が良かった?

                       美味しいというものではありませんでした。茶種が違うのかな?

DSC00565s300.jpgDSC00566s300.jpg

で、紅茶でも試してみましたが、

                         結果は高評価とはいきませんでした。(^^;)

 

昨日の静岡県100銘茶協議会の研修はとても興味深く楽しいものでした。

試飲と互評もさることながら、3人の生産者販売者によるパネルディスカッションは秀逸でした。

その後の懇親会での話も興味深い話が次々と出てワクワクしました。

中でも豊橋の生産家さんの「300種類以上の違う条件下での紅茶製造とその評価体験談」は目からうろこ。

勘に頼らず勘も駆使して最高のものを目指す姿勢は感動ものです。

日本のものづくりの姿ですね! !(^^)!

 

今日の朝茶は「森内さんの手摘みやぶきた」(350円/8g一煎パック)

ほのかにミルキーさを感じる濃厚なうま味。

2煎目になってもなお力強い香味が秀逸です。 ( ^^) _旦~~

このお茶も研ぎ澄まされた勘のなせる業です。

 

今日も1日、感性全開で楽しくお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC00557tris400.jpg

DSC00558tris400.jpg

 

 

 

 

週末はスーパーさんの展示商談会出展やら駿府東海道温泊企画「茶の町飲み比べウォーク」受け入れなど忙しく過ごしました。

昨日はお茶の郷ミュージアムに松下智さんのお茶のルーツ企画展を見に行きました。

講演は時間がなくて聴けませんでしたが良い展示を拝見できました。

 

今日の朝茶は「駿府本山茶」(1080円/100g)。

注意して飲むと鳳凰単叢の蜜蘭香ののような香りが100分の1くらい感じられました。 !(^^)!

お茶の香りは数百種類あると言われてますから複雑で深みがあります。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、お元気でお過ごしください! \(^o^)/

 

DSC00554tris400.jpg

茶葉 乾物               1煎後               4煎後

DSC00549tris200.jpgDSC00552tris200.jpgDSC00555tris200.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡市が音頭をとって、静岡市内の茶農家やお茶屋さんがそれぞれの企画を持ち寄っての「お茶ツーリズム」。

当店も「茶の町コンシェル」の一員として「”お茶屋の仕事”体験企画」で参加しています。

近々市のホームページに全体が掲載されます。

不定期ですが、この企画以外にも当店独自でも開催しています。

 

最近県外からお茶好きな方が静岡に来られるようになりました。

当店にも立ち寄られて試飲を喜ばれます。 !(^^)!

お茶ファンがもっともっと増えると良いですね。

 

今日の朝茶は「萌水」(540円/100g)。

茶葉10g、65℃、80秒浸出。

良いバランスで入りました。

2煎目は55℃、20秒。こちらも爽やかに入りました。 ( ^^) _旦~~

 

静岡はすっきりしない天気が続きますが、

今日も1日、晴れやかにお過ごしください! \(^o^)/

 

DSC00541tris300.jpgDSC00543tris300.jpg

 

DSC00544tris300.jpg

 

 

 

 

お茶そのものは当たり前ですが、茶袋もどんなものが好まれるか検討中。 !(^^)!

思い掛けず好評のものあり、自信を持ったものが反応いまいちだったり。 (^^;)

牛歩の歩みで日々ブラッシュアップです。

人間も毎日ブラッシュアップですね!

 

今日の朝茶は「天下人」(1404円/100g)。

口に含んだ後、しばらくして鼻から抜ける匂いの余韻が好いですね。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、励んでゆきましょう!! \(^o^)/

 

DSC00536tris300.jpgDSC00537tris300.jpg

DSC00539tris400.jpg

 

 

 

 

このような急須の形は江戸時代の草紙などでよく見かけます。何故この形なのか分かりません。

ただ単に形が美しいからというのではないと思うのです。機能的に何か理由があると思うのです。

急須とお茶の関係、考え始めると楽しいですね。

 

今日の朝茶は「足久保手摘み」(2500円/100g)

透明感のある味わいが好いですね。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、健やかにお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC00534tris400.jpg

 

 

 

 

日本茶AWARDという審査会があります。

日本茶の大きな可能性を信じ、新たな日本茶を発掘創造する目的で開催されているものです。

昨年は初めてパリでも審査会が開催され国際色を帯びてきました。

理事長の強い要望もあってアワードのカタカナ表記を止めしっかりとした発音にしようということになりました。

「 əwɔ́ːrd 」あえてカタカナ表記すれば ” アウォードォ " くらいでしょうか。 (^^;)

 

昨日は上位入賞茶19点を皆で飲むひなまつり茶会を催しました。

あらためてゆっくり飲むとそれぞれの茶の良さが見えてきます。

本山茶でも新たな境地のものが出来るといいですね。

 

今日の朝茶は「熟成本山茶」(1080円/100g)

落ち着いた風情の香味が心も落ち着かせてくれます。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、お元気でお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC00531cs400.jpg

 

 

 

 

店番しながらお茶を淹れてます。

今日は高温の入れ方でちょっと...。

湯冷ましして淹れれば渋くならないのだけれど、高温にしたければ浸出時間を短くしなければなりません。

短いとうま味が少ないので茶葉を大目にします。12g。

 

1煎目、湯温90℃、200cc。20秒ほどで出します。うま味と渋みのバランスはそこそこいい感じ。

2煎目は茶葉が蒸れないように、水で淹れます。サッと入れた割には薄い甘みの中に苦みが出ました。

3煎目は65℃くらいで約40秒。2煎目で苦みが出たので40秒おいても大丈夫でした。 !(^^)!

 

いろんなお茶で試してみましょうか! \(^o^)/

 

DSC00528tris400.jpg

 

 

 

 

月初め、仏壇と神棚を奇麗に清めて、神饌も取り換えて新たな気持ちで新たな月を迎えます。 !(^^)!

月末月初は何かとせわしなく時間が過ぎますが、一つ一つ大切に進めてゆきましょう。

さて、今週末は日本茶AWARDのプラチナ賞19点のお茶会です。

一般参加も可なので興味ある方はご連絡ください。

来週末は「駿河東海道おんぱく」で「あの店、この店、茶の町飲み比べウォーク」を開催します。

午前午後の2回です。こちらも興味のある方お問い合わせください。

 

今日の朝茶は「清風」(864円/100g)

爽やかな甘みが心をほぐしてくれます。 ( ^^) _旦~~

 

今日も1日、お元気でお過ごしください。 \(^o^)/

 

DSC00526tris400.jpg

 

 

 

 

homepage_bnr.gif

最近のコメント