[ 2020 茶の便り 6/23 ] チャレンジ

| コメント(0)

お茶の同志からサンプルが送られてきました。

昔作られていたお茶はどんなものだったのか、今のお茶づくりは間違っていないのか。

そんな疑問に端を発するお茶づくりチャレンジです。揉捻と精揉に工夫を凝らした苦渋くないお茶。

 

私も地元の茶農家にこれに近いお願いを何度もしたことがありますが実現には至りませんでした。矢張りもっと情熱が必要でした。

 

で、早速テイスティング。「最低5煎目までは飲んで」というので素直に5煎、ついでに6煎目まで。 !(^^)!

左端は比較のための当社足久保茶です。

 

3煎目までは真ん中の2つ(②と③)が良かったのですが、4煎目から右(④)が力を発揮。

「5煎めまで飲め」という意味はこれだったのかと想像。

DSC03132s200.jpg

 

「昔のお茶は美味かった、昔のお茶は煎が利いた」。

30年も前に年寄りから聞いた言葉が急によみがえります。

私もチャレンジしたいと思います! \(^o^)/

 

足久保  サンプル①   ②    ③    ④

DSC03148s300 5-6.jpg

 

← 6煎目

 

 

 

← 5煎目

 

 

 

DSC03147s300 3-4.jpg

 

 

← 4煎目

 

 

 

← 3煎目

 

 

DSC03138s200 1-2.jpg

 

 

 

← 2煎目

 

 

← 1煎目

 

 

DSC03142tris100 asikubo.jpgDSC03141tris200 uji.jpgDSC03140tris200 asamiya.jpg

 

 

 

 

 

 足久保       サンプル①       ②        ③        ④

 

 

 

 

コメントする

homepage_bnr.gif