[ 2020 茶の便り 8/18 ] 冷茶

| コメント(0)

冷茶の作り方 ①、②、③

 色々な淹れ方でお楽しみください!!

①-1

 500~1000mlポットにお茶5g(リーフでもティーバッグでも)を入れて水を差します。

 冷蔵庫に入れて冷たくなる30分位から2時間程度で美味しい冷茶が出来上がります。

 お茶をそのままにして置いても構いませんが長時間ですと雑味感が出て来ますので

3時間以内でお茶の葉を出すのが良いでしょう。

 濃い目のが好きな方は10g以上でも良いでしょう。

DSC03485trics300.jpg

DSC03487tric4s300.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①-2

 暑い夏、ちょっとビターでさっぱりしたい方は最初にお湯で茶葉を浸して30秒位したのち水を足してあとは同じ。

 ちょっと切れのある味になります。

DSC03506trics300.jpgDSC03507trics300.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②-1

 冷水を用意します。(画像は水に氷を入れて冷やしたもの)

DSC03490trics300.jpg

少し多めの茶葉の入った急須に冷水を入れます。

5分程したら涼し気な湯呑に入れてゆきます。

うま味たっぷりのお茶になります。

②-2

 冷水を入れる前に急須の茶葉の上に氷を載せてちょっとだけ冷水を指して

あとは氷が解けるのを待つ方法もあります。

 氷が解けるのに1時間くらいかかる場合もあります。 !(^^)!

 

DSC03492s450.jpg

DSC03505tri2s250.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 急須に茶葉を大目(10g位)入れて、60℃位に冷ました湯を注ぎます。

 1分~1分半ほどしたら氷を入れた湯呑みに注いでゆきます。

 うま味の中にキリッとした渋みも感じられます。

 

DSC03495tris300.jpgDSC03499trics300.jpg

コメントする

homepage_bnr.gif