[ 2020 茶の便り 10/18 ] 口切りの儀

| コメント(0)

静岡市内で産出する「本山茶」を秋まで安倍奥井川のお茶蔵で保管して熟成させる「熟成本山茶」。

今日はそのお茶を久能山東照宮本殿で開封する「口切りの儀」が催行されました。

本殿内は漆が塗り直されてとてもきれいです。葵の御紋が一際重厚です。

DSC04056s450.jpg

 
茶壷の封を切って中に入っている茶の袋を取り出します。
袋に入った茶で「祈」と描きました。
平和と繁栄、今年は特にコロナの終息を祈りました。

 

家康公のご霊前に奉納されて一同で玉串を上げ、無事終了となりました。

DSC04065s450.jpgDSC04092s450.jpgDSC04098tris450.jpgDSC04100tris450.jpg

 

当店の熟成本山茶も販売開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

homepage_bnr.gif