[ 今日の朝茶1373 ] 哺を吐く

| コメント(0)

「論語とそろばん」を読んでいたら次の一文のことが書いてありました。
「周公一飯に三度哺を吐き、沛公(はいこう)
一沐に三度髪を梳る

名政治家として名高い周公や 公は来客が絶え間なかったがどんな人でもすぐに対応した。
食事中でも口に入れた飯を出してすぐに客の話を聴き、それが1回に三度にもなったという話。
そのお陰で玉石混交の客の中から国に役立つ人材を得られたと。

今で言えば頻繁に掛かってくる営業電話や訪問客でしょうか。
ついぶっきらぼうな応対をしてしまいますが、良い情報を得るためには日々の努力が必要ということですね。

 

今日の朝茶は「佐藤公敏手摘みやぶきた」(350円/8g、1296円/30g)。
繊細で優しい香味のお茶です。
手摘みとは言え、山のお茶の5月摘採で早場所の4月の ” 節 ” (せつ)の香りは出せません。

1煎目茶葉12g湯量250cc湯温55℃60秒。旬の苦味の中にほのかな甘みを感じます。 ( ^^) _旦~~
2煎目湯量220cc湯温60℃15秒。まろやかさが出て秀逸です。

3煎目150cc60℃10秒。コク苦味うま味がバランスよく出ています。
4煎目60℃10秒。甘味が好い感じです。

5煎目65℃15秒。甘味と山のお茶の香りが良いですね。
6煎目65℃50秒。甘味の余韻が優れています。

 

今日も1日、爽やかな気分でお過ごしください! \(^o^)/

 

DSC04692tri2s200.jpgDSC04693tris300.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  3煎目    4煎目    5煎目    6煎目

DSC04694tris360r.jpg

コメントする

homepage_bnr.gif